平安Sで初の重賞勝ちを飾るため

おはようございます。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

bajji2mini_20120104172115.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twiiterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twiiter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

ところで、近藤英子オーナーの所有馬アンビシャスは、次走の予定が、6月4日(日)の安田記念となっております。

この馬は、今年に入って、前々走の中山記念がクリストフ・ルメール騎手の騎乗で4着、前走の大阪杯が福永祐一騎手の騎乗で5着と、結果が出ておりません。

そして安田記念では、昨年の産経大阪杯(1着)で騎乗していた横山典弘騎手と、再びコンビを組むことが決まりました。

よって、現在の英子オーナーは、「アンビシャスを勝利に導いて欲しい」と、彼の手綱捌きに期待しているのでしょう。

横山騎手は、私の所有馬だったアルザスを連勝させてくれるなど、これまで深く関わってきたジョッキーですから、私はその腕前をよく知っております。

アルザスが連勝した時のレース振りは、下の動画をご覧ください。

こちらは1993年5月8日(土)にデビュー戦を勝った時のものです。



次は、1993年6月5日(土)に2戦目を勝った時のものです。



そしてここからは、三浦大輔オーナーが平安Sに出走させるリーゼントロックについて、私の頼もしい仲間の一人である「馬主のOさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、三浦オーナーは、「ハマの番長」の愛称でファンから親しまれていた元プロ野球選手です。

奈良県の高田商業高校を卒業した後、横浜大洋ホエールズ(現在の横浜DeNAベイスターズ)に入団し、抜群の制球力を武器に、主力投手として通算172勝を上げ、昨シーズン限りで現役を引退しており、今年の3月に同球団の「スペシャルアドバイザー」に就任しております。

ちなみに、三浦オーナーは、2011年に、「現役のプロ野球選手としては初めて、JRAの個人馬主資格を取得したこと」で話題になっておりました。

馬主となったきっかけは、元々、親交の深かった「日刊スポーツ」の鈴木良一記者から、「高校の先輩」として栗東の矢作芳人先生を紹介され、会食をした際に三浦オーナーが、「馬券が当たらない」という話をしたところ、矢作先生から、「それなら馬を持てばいいのでは?」と提案されたことだそうです。

そして、三浦オーナーと言えば、「リーゼント」のヘアスタイルがトレードマークで、所有馬の冠名にもなっており、このように「リーゼント好き」となった理由は、プロ入りしたばかりの時に読んだ、歌手の矢沢永吉さんの自伝・「成りあがり」に感銘を受け、「自分も同じ髪型にしたい」と思ったからだと聞きました。

また、横浜大洋ホエールズ時代の先輩である佐々木主浩(かづひろ)オーナーは、昨年の秋華賞をヴィブロスで制しているように、プロ野球選手時代と同じく、馬主としても大活躍しておりますので、恐らく三浦オーナーは「先輩の佐々木さんのようになりたい」という憧れを抱いているでしょう。

馬主としての三浦オーナーは、これまでに4頭を所有しておりますが、その内の2頭は既に引退しており、現在の所有馬は、リーゼントロック(牡6歳)とリーゼントシャルフ(牡3歳)の2頭です。

しかし、リーゼントシャルフは調整が遅れており、まだデビューできていないため、現時点で賞金を稼げるのは、リーゼントロックのみですから、現在の三浦オーナーは、「この馬で可能な限り多くの賞金を稼ぎたい」と願っているに違いありません。

更に、三浦オーナーは、2014年の「セレクトセール」で、「ピュアティーの2014」(現在のリーゼントシャルフ)を2484万円(税込)で落札している上、「今年の競走馬セールには参加したい」と語っておりましたので、現在は、「早い内にセール資金を確保しておきたい」と考えている筈です。

また、三浦オーナーは、まだ重賞を勝てておりませんので、明日、1着賞金が3600万円(馬主の取り分は8割の2880万円)の平安Sに出走させるリーゼントロックについては、私が三浦オーナーであれば、ここまでに記した状況を踏まえ、この馬を預けている矢作先生に対して、迷わずメイチの勝負仕上げを指示しますし、元調教師の方から届いていた最終追い切りの報告も見込み通りのものでした。

これらの理由から、私はこの馬の上位入線を期待しております。

・・・・・・・・・・

「馬主のOさん」から届いた、三浦オーナーが平安Sに出走させる、リーゼントロックに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。

オークスと平安Sに5頭を登録しておりますので

おはようございます。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

bajji3mini.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twiiterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twiiter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

ところで、鈴木隆司オーナーの所有馬カレンシリエージョ(牝2歳・父ハービンジャー、母ベルアリュールII)は、来月の上旬、函館競馬場に入厩する予定となっております。

カレンシリエージョは、鈴木オーナーが、2015年の「セレクトセール」に於いて、「4212万円」(税込)で落札した馬で、半姉のアドマイヤリード(父ステイゴールド)が、先週、ヴィクトリアマイルを制しました。

よって、ヴィクトリアマイルのレース振りを見た鈴木オーナーは、カレンシリエージョに対して、これまで以上に期待を膨らませたのでしょう。

また、この馬を管理している鈴木孝志先生は、「アドマイヤリードよりも、馬体はひと回りからふた回り大きくて、体のバランスもいいですよ」と話しておりました。

そしてここからは、一口馬主クラブの「キャロットファーム」が登録している、オークスのディーパワンサとリスグラシュー、平安Sのエルマンボとクリソライトとピオネロについて、私の頼もしい仲間の一人である「馬主のSさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、「キャロットファーム」の愛馬会法人・「キャロットクラブ」の代表を、2008年から務めている手嶋龍一氏は、かつてNHKに所属しており、1997年からはそのワシントン支局長を務め、2001年にアメリカで起きた「9・11同時多発テロ事件」の際には、11日間に渡り「24時間中継」を担当しておりました。

そして、2005年にNHKを退局した後は、外交ジャーナリストとして活動しており、2006年に出版した「ウルトラ・ダラー」(新潮社)が33万部のベストセラーとなるなど、作家としても高い評価を受けております。

ちなみに、一般的にはあまり知られておりませんが、手嶋氏の執筆場所は、同氏が、「永遠の親友」と語る吉田勝己オーナーが代表を務めている「ノーザンファーム」の中にあり、「千歳空港から僅か15分ほど」という立地や、牧場の景色を見てリフレッシュできる環境を、手嶋氏はとても気に入っているそうで、素晴らしい執筆場所を提供してくれた吉田勝己オーナーに、手嶋氏は深く感謝しているそうです。

また手嶋氏は、静岡芸術文化大学の参与を務め、更には、「静岡新聞」と「北國新聞」でコラムを掲載している上、「シューイチ」、「情報ライブ・ミヤネ屋」、「スッキリ!!」といったテレビ番組にコメンテーターとして出演するなど、メディアの世界でも活躍しております。

なお、活躍したと言えば、昨年の「キャロットファーム」にも当てはまるでしょう。

何故なら、昨年の「キャロット」は、シンハライトでオークスを、マリアライトで宝塚記念を制するなど、重賞14勝を含め、過去最高となる「127勝・獲得賞金31億8985万円」という成績を残し、「馬主リーディング1位」に輝いたのですから。

しかし今年は、先週までの「馬主リーディング」が、
1位:「サンデーレーシング」→「46勝・獲得賞金11億0298万円」
2位:「キャロットファーム」→「28勝・獲得賞金7億8625万円」
と、「サンデーレーシング」に「3億1673万円」もの差を付けられて、1位の座を奪われております。

このように、獲得賞金が伸び悩んでいる主な原因としては、JRAの重賞勝ちが、ネオリアリズムで制した中山記念の1勝に留まっていることが挙げられるでしょう。

当然、「キャロット」の関係者達は、「一刻も早くサンデーレーシングとの差を詰めたい」と強く願っている筈です。

そして、1着賞金1億円(馬主の取り分は8割の8000万円)のオークスにディーパワンサとリスグラシュー、1着賞金3600万円(同2880万円)の平安Sにエルマンボとクリソライトとピオネロと、計5頭を賞金の高い重賞に登録している今週は、「キャロットが攻勢に出てきた」と判断するべきでしょう。

・・・・・・・・・・

「馬主のSさん」から届いた、「キャロットファーム」が登録している、オークスのディーパワンサとリスグラシュー、平安Sのエルマンボとクリソライトとピオネロに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。


オークスで初のGI勝ちを狙う女社長の勝負気配

こんにちは。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

0317小栗さん

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twiiterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twiiter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

ところで、ヴィクトリアマイルを制した近藤利一オーナーの所有馬アドマイヤリードは、次走の予定が、7月30日(日)のクイーンSとなりました。

近藤オーナーの本業は、大阪市北区に拠点を構え、建築解体業などを手掛けている、「合建株式会社」の代表取締役会長です。

1984年にJRAの馬主資格を取得している近藤オーナーは、現在までに350頭以上を所有しており、これまでに「GIレース11勝を含む重賞57勝」という素晴らしい実績を残しております。

また、近藤オーナーは、競走馬セールに参加する機会が多く、昨年も、7月11日(月)~12日(火)の「セレクトセール」に於いて、1億5120万円(税込)で落札した「アドマイヤテレサの2016」(牡・父ジャスタウェイ)を筆頭に、計6頭を総額3億1644万円(税込)で落札しておりました。

当然、今年の7月10日(月)~11日(火)に行われる「セレクトセール」でも、何頭から落札する筈です。

よって、同セールの2週間後に行われるクイーンSには、「落札資金の回収ペースを早めるため、アドマイヤリードで賞金を稼ぎたい」という思惑を抱くのでしょう。

そしてここからは、寺田千代乃オーナーがオークスに登録しているミスパンテールについて、私の頼もしい仲間の一人である「馬主のYさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、寺田オーナーの本業は、大阪府の大東市に本社を構えている、「アートコーポレーション株式会社」の代表取締役社長です。

1968年、「寺田運輸」として創業された同社は、1976年、社内に「アート引越しセンター事業部」を設置し、翌年、その事業部を「アート引越センター株式会社」として独立させました。

それ以降は、「あなたの町の0123」という覚えやすいメロディが流れるテレビやラジオのCMや、イメージキャラクターに「ドラえもん」を起用するなどの広告戦略で、子供からお年寄りまで幅広い層に認知されるようになり、1990年には、事業の多角化に伴い、現在の「アートコーポレーション株式会社」に名称を変更しております。

更に同社は、引っ越し関連の事業に加えて、輸入車の販売やメンテナンス関連の事業を展開している上、
□商業輸送を手掛けている「アートバンライン株式会社」(大阪府茨木市)
□マンションや戸建ての分譲を手掛けている「アートプランニング株式会社」(大阪府大阪市)
□家電製品の販売などを手掛けている「フットワークインターナショナル株式会社」(大阪府大東市)
□病院内の保育施設運営を手掛けている「アートチャイルドケア株式会社」(大阪府大東市)
といった系列企業を有しており、現在はグループ全体で2800名以上の従業員を雇用しており、尚且つ、2016年9月期の決算は、「連結売上高908億5300万円」、「連結経常利益71億1700万円」という素晴らしい数字となっておりました。

したがって、同社を創業から一代で大きく成長させた寺田オーナーのことは、非常に多くの方が、「尊敬すべき優秀な経営者」と認めている筈です。

更に、寺田オーナーは、現在、「関西経済連合会」の副会長を務めており、「都市創造・文化観光委員会」のメンバーとして活動しておりますので、「関西経済界に於ける重要人物」とも言えるでしょう。

そして馬主としての寺田オーナーは、確か1997年からJRAで馬を走らせ始めており、過去の代表的な存在としては、2007年のマーメイドSを制したディアチャンスや、2011年の中山大障害で2着となったディアマジェスティなどが挙げられます。

一昨年の寺田オーナーは、元町Sを制したマテンロウボスや、フローラルウォーク賞と橘Sを制したマテンロウハピネスの活躍などにより、「10勝・獲得賞金1億7617万円」という過去最高の成績を残しておりました。
しかし昨年は、「8勝・獲得賞金1億0352万円」という数字で、前年を7000万円ほど下回ったのですから、今年の寺田オーナーは、「昨年の二の舞にしたくない」と考えている筈です。

更に、これまで毎年のように「セレクトセール」に参加している寺田オーナーは、昨年の7月11日(月)~12日(火)に行われた同セールに於いても、計7頭を総額3億1212万円(税込)で落札していたものの、「セレクトセール」が終わってから先週までの成績は、「7勝・獲得賞金1億3779万円」(馬主の取り分は8割の1億1023万円)というもので、落札に要した資金の3分の1ほどしか回収できておりません。

こういった中、今週は、1着賞金1億円(馬主の取り分は8割の8000万円)のオークスにミスパンテール、1着賞金1820万円(同1456万円)のフリーウェイSにマテンロウハピネスを登録してきましたので、私が寺田オーナーの立場でしたら、「セール資金の回収ペースを早めたい」と考え、これらを預けている厩舎に対して、お釣りを残さないメイチの勝負仕上げを依頼します。

また、寺田オーナーは、ディアチャンスが2007年のマーメイドSを制してから現在まで、「重賞で25連敗中」となっている上、まだGIを勝てておりませんので、オークスに登録しているミスパンテールには、「久々に重賞を勝ちたい」、「初のGI勝利を飾りたい」という2つの願いも込められている筈ですから、元調教師の方には、この馬を昆先生がどう仕上げてくるのかなど、今後の動きを念入りに確認していただきたいと考えております。

・・・・・・・・・・

「馬主のYさん」から届いた、寺田オーナーがオークスに登録している、ミスパンテールに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。


姫路の大物が平安Sに抱く思惑とは…

こんにちは。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

bajji60anv.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twiiterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twiiter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

ところで、キズナやワンアンドオンリーなどを生産したことで知られる「ノースヒルズ」の代表である前田幸治オーナーは、昨日、自身が代表取締役会長を務める「アイテック株式会社」の社員研修所兼保養所、「悠翠郷」(ゆうすいのさと)の完成披露会を開きました。

「悠翠郷」は、鳥取県の西伯郡伯耆町(さいはくぐんほうきちょう)にある育成施設、「大山ヒルズ」の近郊に建てられており、現地に行っていた仲間からは、「約500人が出席していて、今回は、企業施設の披露会でしたが、多くの競馬関係者も参加していました」という報告が届いております。

現役の騎手では、武豊騎手、福永祐一騎手、ミルコ・デムーロ騎手、クリストフ・ルメール騎手の4人が出席していたそうです。

5月28日(日)のダービーに出走を予定している、前田オーナーの所有馬カデナとコンビを組む福永騎手は、
これまでにダービーで、2007年のアサクサキングス、2013年のエピファネイアで2着はあるものの、まだ勝てておりません。

そして、福永騎手は、「カデナでダービーを勝ちたい」と意欲的に話していたそうですから、前田オーナーは心強いことでしょう。

さてここからは、薪浦亨(まきうら・とおる)オーナーが平安Sに登録しているロンドンタウンについて、私の頼もしい仲間の一人である「馬主のAさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよう知っとる通り、薪浦オーナーの本業は、兵庫県姫路市の飾磨区に本社を構えとる、「マキウラ鋼業株式会社」の代表取締役ですな。

1952年に設立された同社は、主に鉄スクラップの加工処理などを手掛けとって、最近は、周りの同業者達から「姫路地区の最大手」と言われとります。

ワシの記憶が正しければ、同社が一気に発展したんは、薪浦オーナーが、親父さんの後を継いで代表取締役となった1980年からで、その後は、
1992年→新社屋が完成
1994年→「産業廃棄物中間処理業許可」を取得
2000年→「一般廃棄物中間処理業許可」を取得
2004年→環境マネジメントシステムに関する国際規格「ISO14001」を取得
2003年→「遊技機のリサイクル業者」に選定される
2004年→「自動車リサイクル業(破砕業)許可」を取得
2005年→「建設業許可」を取得
っちゅう形で順調に事業を拡大して、2008年には、環境対策のため、同社の中核設備のプラントに、約12億円っちゅう設備投資を行っとるんですわ。

そやそや、このことは当時の「日刊産業新聞」で大きく取り上げられましたんで、同社を束ねとる薪浦オーナーは、業界の中でよう知られとりますな。

そんで馬主としての薪浦オーナーは、確かJRAで馬を走らせ始めたんが1999年で、それから今までに130頭以上を持っとって、そん中でお馴染みの馬っちゅうたら、2006年のダイヤモンドSを勝ったマッキーマックスやろうな。

2013年の薪浦オーナーは、「8勝・獲得賞金1億4720万円」っちゅう成績を残しとったんやけど、その後は、
2014年→3勝・獲得賞金7846万円
2015年→4勝・獲得賞金5140万円
2016年→6勝・獲得賞金7172万円
と記せば分かる通り、賞金が「右肩下がり」になっとって、今年に入ってから先週までの成績も、「1勝・獲得賞金2971万円」っちゅうもんで、去年までのペースを下回っとるんやから、今の薪浦オーナーは、「ここからキッチリ巻き返したい」と考えとる筈や。

そんでもって今週は、1着賞金3600万円(馬主の取り分は8割の2880万円)の平安Sにロンドンタウンを登録しとりますんで、ワシが薪浦オーナーやったら、「ここでガッチリ稼いどきたい」と思いますわ。

しかも薪浦オーナーは、マッキーマックスで2006年のダイヤモンドSを勝ってから、もう10年以上も重賞を勝っとりませんので、今回は、「久々に重賞を勝ちたい」とも考えて、この馬を預けとる牧田先生に、迷わずメイチの勝負仕上げを指示するでしょうな。

・・・・・・・・・・

「馬主のAさん」から届いた、薪浦亨オーナーが平安Sに登録している、ロンドンタウンに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。


「ヴィクトリアマイル」で、特大の万馬券を仕留められた理由は…

こんにちは。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

chuushashou.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twiiterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twiiter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

さて、私達は、先週のメインレースで、

ヴィクトリアマイル→馬連42710円を5点で的中

京王杯SC→馬連19230円を5点で的中

八海山特別→3連複14160円を5点で的中

都大路S→馬連3100円を3点で的中

赤倉特別→馬連1680円を5点で的中

栗東S→3連複1190円を2点で的中

という、3本の万馬券的中を含む完璧なを残し、十分な利益を得ることができました。

また、上記のレースの中で、「ヴィクトリアマイル」で軸に指定していたアドマイヤリード(最終的に17頭立ての6番人気)については、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」のサイト内で、

【 こちら 】

「須貝尚介厩舎は、2012年、ゴールドシップを使った有馬記念や、ローブティサージュを使った阪神ジュベナイルFなど、重賞を9回も勝つなど、【46勝・獲得賞金13億8516万円】(リーディング4位)っちゅう成績を残しとりましたな」

「そんで2013年は、【重賞6勝を含む31勝・獲得賞金11億4842万円】と、キッチリ10億円の大台に乗せとって、2014年は、JRAだけで、【重賞6勝を含む41勝・獲得賞金11億8266万円】っちゅう成績を残しとったし、ジャスタウェイを使ったドバイデューティーフリーを勝って、その賞金300万ドル(当時のレートで約3億0555万円)を足したら、全部で【約14億8821万円】っちゅう、開業してから一番多い賞金を稼いどったんですわ」

「せやけど、一昨年と去年は、
2015年→34勝・獲得賞金9億2355万円(リーディング14位)
2016年→33勝・獲得賞金8億5819万円(リーディング16位)
っちゅう、【右肩下がり】の状況やったんや」

「せやから、今年の尚介君は、【何が何でも巻き返したい】と考えとるんやろうけど、実際は、先週までの成績が【11勝・獲得賞金2億7267万円】で、リーディング20位なんですわ」

「この状況で、今週は、1着賞金9300万円のヴィクトリアマイルにアドマイヤリードを登録しとるんで、尚介君が勝負を懸けてきたんやろ」

「それに尚介君の厩舎は、ゴールドシップを使った一昨年の天皇賞・春から、2年以上もGIはご無沙汰やし、今年に入ってからは重賞も勝てとりませんので、ワシが彼やったら、【ヴィクトリアマイルを勝って流れを変えたい】と考える筈やから、アドマイヤリードをどう仕上げるんか、最後まで目が離せませんな」

という、「元調教師のYさん」の見解を包み隠さず紹介しておりました。

また、このレースで万馬券的中の立役者となったデンコウアンジュ(最終的に17頭立ての11番人気)についても、「パーフェクトホースマンズ」のサイト内で、

【 こちら 】

「荒川義之厩舎は、2012年、ギュスターヴクライを使った阪神大賞典と、メイショウカンパクを使った京都大賞典を勝つなど、今までで一番多い【獲得賞金5億7518万円(26勝)】の賞金を稼いどりましたけど、去年までの4年間は、
2013年→獲得賞金3億3441万円(20勝)
2014年→獲得賞金4億5236万円(25勝)
2015年→獲得賞金3億1143万円(16勝)
2016年→獲得賞金3億2527万円(12勝)
っちゅう形で2012年の数字をずっと下回っとりますんで、今年の荒川先生は、【キッチリ巻き返したい】と考えとる筈ですわ」

「せやけど、先週までの成績は【獲得賞金1億2811万円】(6勝)っちゅうもんで、去年の同じ時期(5月1週目まで)の【獲得賞金1億1568万円】(5勝)とほぼ同じペースなんやから、ワシが荒川先生やったら【もっとペースを上げなアカン】と思うでしょうな」

「それに先生の厩舎は、デンコウアンジュで勝った一昨年のアルテミスSから、【重賞で44連敗中】っちゅう状況やし、開業してから今までに、GIは勝てとりません」

「でもって今週は、1着賞金9300万円のヴィクトリアマイルにデンコウアンジュを登録しとりますんで、荒川先生が、【ここで初めてのGI勝ちを飾りたい】と考えて、この馬をメイチに仕上げてくるとワシは見とったし、実際、どう仕上げてくるんか、昨日、最終追い切りの様子を確認したところ、坂路に入れられて、4Fが54秒9、終いの1Fが12秒7っちゅう時計を馬なりで出しとりました」

「前走の福島牝馬Sから中2週なんで、軽めの内容やったけど、脚捌きは力強いもんやったし、馬体の張りや毛ヅヤもよう見えましたんで、使われた上積みが大きいと感じたんですわ」

「この馬は、一昨年のアルテミスSを勝ってから【9連敗中】なんで、今回は、ほとんど人気にならんやろうけど、デキの良さを活かせたら、一発があっても不思議やないで」

という、元JRA騎手・元JRA調教助手である鎌田光也(かまたみつや)君の見解を包み隠さず紹介しておりましたから、「パーフェクトホースマンズ」のサイトをご覧になっていた方は、私と同じように、「ヴィクトリアマイル」ではアドマイヤリードとデンコウアンジュを絡めた馬券を購入できた筈であり、私が入手している情報の正確さを、改めて強く実感できた筈です。

そして私は、「オークス」や「平安S」を筆頭とした今週のレースに対しても、もちろん全力で情報収集にあたっており、今回は、既に得ている情報の中から、小笹芳央(おざさ・よしひさ)オーナーがオークスに登録しているホウオウパフュームについて、私の頼もしい仲間の一人である「馬主のHさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、小笹芳央(おざさ・よしひさ)オーナーの本業は、東京都中央区銀座に本社を構えて、企業のコンサルティングなどを主な事業としている、「株式会社リンクアンドモチベーション」の代表取締役会長CEOですわね。

小笹オーナーは、大阪府立住吉高校から、早稲田大学の政治経済学部に進学して、卒業後の1986年に「株式会社リクルート」に入社してからは、人事部に配属されて採用に携わっていましたわ。

そして、14年後の2000年に「株式会社リクルート」を退職して、「株式会社リンクアンドモチベーション」を立ち上げていますの。

それからの同社は、
2001年5月→大阪府梅田に大阪支社を開設
2004年3月→株式会社リンクダイニング設立
2004年11月→東京都汐留の「日本テレビタワー」に東京支社を開設
2004年12月→株式会社リンクプレイス設立
2007年12月→東証2部に上場
2008年12月→東証1部に指定変更
2009年2月→株式会社リンクインベスターリレーションズを設立
2010年11月→株式会社モチベーションアカデミアを設立
といった形で成長していて、2013年1月、グループ拡大に伴って、小笹オーナーは、それまでの代表取締役社長から、代表取締役会長CEOに就任していますわ。

その後も同社は順調に事業規模を拡大していまして、現在では、東京、大阪、名古屋に拠点を構え、12のグループ会社を有し、2016年度はグループ連結の売上高が「339億円」を記録していましたし、今年の5月8日(月)には、銀座エリア最大の商業施設「ギンザシックス」の12階にある、床面積が約1850坪のオフィスに本社を移転していますので、同社の創業者である小笹オーナーのことは、非常に多くの方が、「尊敬すべき優秀な経営者」と認めているのでしょう。

また、JRA馬主としての小笹オーナーは、2015年から馬を走らせ始めたばかりで、現在は7頭を所有していますわ。

ちなみに、「テーオー」の冠名でお馴染みの小笹公也(おざさ・ともや)オーナーは、2つ下の弟さんですわね。

2015年の小笹芳央オーナーは、出走回数が少なかったことなどが影響して、未勝利に終わっていましたが、昨年は、ホウオウマリリンとホウオウパフュームで2勝を上げていましたし、今年に入ってからは、ホウオウパフュームで寒竹賞を勝っているように、着実に馬主としての実績を積み重ねていますの。

また、小笹オーナーは、今年で馬主キャリアが3年目ですが、積極的に「セレクトセール」や「JRAブリーズアップセール」や「千葉サラブレッドセール」といった「競走馬セール」に参加していまして、昨年までの3年間だけで、
2014年→2頭を総額5400万円で落札
2015年→10頭を総額2億9333万円で落札
2016年→5頭を総額1億6254万円で落札
と計17頭を総額5億0987万円で落札していますわ(金額は全て税込)。

ただ、今までに稼いだ賞金の総額は、「3814万円」(馬主の取り分は8割の3051万円)に留まっていますし、昨年までの状況を踏まえますと、小笹オーナーは、今年も「競走馬セール」に参加する可能性が高いため、私がオーナーでしたら、「セールの資金を潤沢にするため、今の内から稼いでおきたい」と考えますわね。

そして今週は、1着賞金1億円(馬主の取り分は8割の8000万円)のオークスにホウオウパフュームを登録してきましたので、私が小笹オーナーでしたら、「ここでしっかり稼いでおきたい」と考えて、この馬を預けている奥村武先生に対して、迷わずメイチの勝負仕上げを依頼しますわ。

それに、小笹オーナーはホウオウパフュームに、「初めての重賞勝ちをGIで飾りたい」という思いを込めている筈ですから、元調教師の皆さんには、厩舎が実際にどう仕上げてくるのかなど、今後の動きを念入りに確認していただきたいと思っていますの。

・・・・・・・・・・

「馬主のHさん」から届いた、小笹芳央オーナーがオークスに登録しているホウオウパフュームに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR