FC2ブログ

日経新春杯に込められた「難波の宝石社長」の思い

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

毎週に渡り好結果を残している「パーフェクトホースマンズ」の実力を、
「完全無料」で体験する絶好のチャンス!

「LINE@の友だち追加」を済ませれば、
「超高額の払戻金が見込める、関係者のガチンコ買い目」
を完全無料で取得できます!

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

こんにちは。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

kaihoushi1mini.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twitterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twitter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

さて、話は変わりますが、1月23日(水)に行われる「ジェイエス冬季繁殖牝馬セール」を皮切りに、2019年のセリ市が始まり、その後は、

■4月23日(火)
「JRAブリーズアップセール」(中山競馬場)

■5月21日(火)
「HBAトレーニングセール」(札幌競馬場)

■6月25日(火)
「九州1歳市場」(九州種馬場)

■7月2日(火)
「八戸市場」(八戸家畜市場)

■7月8日(月)~9日(火)
「セレクトセール」(ノーザンホースパーク)

■7月16日(火)
「HBAセレクションセール」(北海道市場)

■8月19日(月)~22日(木)
「HBAサマーセール」(北海道市場)

■9月17日(火)~18日(水)
「HBAセプテンバーセール」(北海道市場)

■10月15日(火)~16日(水)
「HBAオータムセール」(北海道市場)

■10月23日(水)
「ジェイエス秋季繁殖馬セール」(北海道市場)

といった日程となっております。

昨年との大きな違いは、これまで4月に行われていた「九州トレーニングセール」と、昨年、初めて開催された「HBAサマープレミアムセール」が休止となり、新たに「HBAセプテンバーセール」が設けられたことです。

一昨年までと同じく、昨年も多くのセールが盛況で、特に「セレクトセール」は、「193億6656万円」(税込)という売却総額を記録しておりました。

新たな「競走馬セール」が行われる今年は、どのような結果になるのか、注目したいと考えております。

そしてここからは、市川義美オーナー(馬主名義は市川義美ホールディングス株式会社)が日経新春杯に出走させるムイトオブリガードについて、私の頼もしい仲間の一人である、「馬主のT君」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、市川義美オーナーの本業は、高級腕時計や宝石の販売を手掛けている、「バアゼル宝石」(大阪市中央区難波)の代表です。

1963年に創業された「バアゼル宝石」は、現在、地下鉄御堂筋線の「難波駅」のすぐ近くにある「難波本店」と、大阪を代表する繁華街にある「心斎橋店」の2店舗を構えており、「ロレックス」、「フランクミュラー」、「パテックフィリップ」といった高級腕時計や、「ダイヤモンド」、「ルビー」、「サファイヤ」といった高級宝石などを取り扱っております。

また、市川オーナーと言えば、2011年の3月に発生した東日本大震災の後、すぐに500万円を義援金として寄付したエピソードや、2015年の9月に引退した元騎手の藤田伸二さんが、自身の結婚10周年を記念して、奥様にプレゼントする宝石(20万円相当)を市川オーナーの会社に注文した際、「いつも私の馬に乗ってくれるお礼ですから、お代は結構です」と言い、100万円相当の宝石をプレゼントしたエピソードが有名ですから、私は市川オーナーのことを、「非常に器の大きな人物」と言えるでしょう。。

なお、馬主としての市川オーナーは、確か1991年からJRAで馬を走らせ始め、これまでに300頭近くを所有しており、過去の代表的な存在としては、2008年のエルムSと2009年の根岸Sを制したフェラーリピサや、2010年の皐月賞と有馬記念、2011年のドバイワールドCを制したヴィクトワールピサや、2014年の京都記念とステイヤーズSなどを制したデスペラードといった名前が挙げられます。

2010年の市川オーナーは、ヴィクトワールピサが皐月賞と有馬記念を制するなど、これまでで最高となる「6億4284万円」の賞金を獲得し、2011年も、JRAだけで3億7413万円の賞金を獲得していた上、先述した通り、ヴィクトワールピサがドバイワールドCを制し、600万ドル(当時のレートで約4億8800万円)の賞金を獲得しておりました。

しかし、それからは、一度も2010年の獲得賞金を上回ることができず、昨年までの5年間も、
2014年→10勝・獲得賞金2億2538万円
2015年→7勝・獲得賞金1億1301万円
2016年→16勝・獲得賞金2億1729万円
2017年→9勝・獲得賞金2億2951万円
2018年→15勝・獲得賞金3億3731万円
と、物足りない数字に留まっておりましたので、今年の市川オーナーは、「必ず巻き返したい」と強く願っている筈です。

そういった中、今週は、1着賞金5700万円(馬主の取り分は8割の4560万円)の日経新春杯にムイトオブリガードを出走させますので、私が市川オーナーの立場であれば、「賞金の高い重賞を勝って勢いを付けたい」と考え、同馬を預けている角田先生に対して、お釣りを残さないメイチの勝負仕上げを指示するのは間違いありません。

実際、元調教師の方から届いている最終追い切りについての報告が、

「一昨日、Cウッドで一杯に追われて、6Fが79秒9、終いの1Fが12秒0っちゅう時計を出しとりました。1秒先行しとったタガノアニード(古馬500万下)を追い掛けて、グングン差を詰めて一気に交わすと、最後はコンマ4秒先着しとりましたわ。力強い脚捌きで走れとったし、追い切った後の息の入りもよう見えたんで、角田君が気合いを入れて仕上げてきたんやろ」

という内容でしたから、上位に食い込んでくる可能性が高いと私は見ております。

・・・・・・・・・・

市川義美オーナーが日経新春杯に出走させるムイトオブリガードについて、「馬主のT君」から届いた報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。
スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR