FC2ブログ

シンザン記念は、「広島の眼科医」の勝負気配に注目です

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

毎週に渡り好結果を残している「パーフェクトホースマンズ」の実力を、
「完全無料」で体験する絶好のチャンス!

「LINE@の友だち追加」を済ませれば、
「超高額の払戻金が見込める、関係者のガチンコ買い目」
を完全無料で取得できます!

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

こんにちは。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

mroguri.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twitterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twitter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

さて、話は変わりますが、市川義美オーナーの所有馬ムイトオブリガード(牡4歳・角田晃一厩舎)は、次走の予定が、1月13日(日)の日経新春杯となりました。

同馬は、5月27日(日)の青嵐賞(1000万条件)と6月17日(日)の町田特別(1000万条件)と10月8日(月)の六社S(1600万条件)を3連勝してオープン入りを果たし、前走、11月4日(日)のアルゼンチン共和国杯では、勝ち馬パフォーマプロミスからコンマ1秒差の2着に入っております。

このブログを熱心に読んでいる方であれば、よくご存知かと思いますが、ムイトオブリガードを所有している市川オーナーの本業は、高級腕時計や宝石の販売を手掛けている、「バアゼル宝石」の代表です。

1963年に創業された「バアゼル宝石」は、現在、地下鉄御堂筋線の「難波駅」のすぐ近くにある「難波本店」と、大阪を代表する繁華街にある「心斎橋店」の2店舗を構えており、「ロレックス」、「フランクミュラー」、「パテックフィリップ」といった高級腕時計や、「ダイヤモンド」、「ルビー」、「サファイヤ」といった高級宝石などを取り扱っております。

また、市川オーナーと言えば、2011年の3月に発生した東日本大震災の後、すぐに500万円を義援金として寄付したエピソードや、一昨年の9月に引退した元騎手の藤田伸二さんが、自身の結婚10周年を記念して、奥様にプレゼントする宝石(20万円相当)を市川オーナーの会社に注文した際、「いつも私の馬に乗ってくれるお礼ですから、お代は結構です」と言い、100万円相当の宝石をプレゼントしたエピソードが有名ですから、「非常に器の大きな人物」と言える筈です。

馬主としての市川オーナーは、確か1991年からJRAで馬を走らせ始め、これまでに300頭近くを所有しており、過去の代表的な存在としては、2008年のエルムSと2009年の根岸Sを制したフェラーリピサや、2010年の皐月賞と有馬記念、2011年のドバイワールドCを制したヴィクトワールピサや、2014年の京都記念とステイヤーズSなどを制したデスペラードといった名前が挙げられるでしょう。

2010年の市川オーナーは、ヴィクトワールピサの活躍などにより、過去最高となる「6億4284万円」の賞金を獲得し、2011年も、JRAだけで3億7413万円の賞金を獲得していた上、ヴィクトワールピサがドバイワールドCを制し、600万ドル(当時のレートで約4億8800万円)の賞金を獲得しておりました。

しかし、それからは、一度も2010年の獲得賞金を上回ることができず、昨年までの3年間も、
2015年→7勝・獲得賞金1億1301万円
2016年→16勝・獲得賞金2億1729万円
2017年→9勝・獲得賞金2億2951万円
と、物足りない数字に留まっていた上、今年に入ってから先週までの成績も、「15勝・獲得賞金3億3731万円」というもので、賞金が2010年の半分ほどに留まっております。

このように、勝ち星と獲得賞金が伸び悩んでいる主な理由としては、デスペラードが2014年のステイヤーズSを制してから、4年以上も重賞を勝てていないことが挙げられるでしょう。

したがって、現在、市川オーナーは、「来年は、今までで一番の成績を残せるように、新春開催で重賞を勝って勢いを付けたい」と考えている筈であり、日経新春杯に向けて、ムイトオブリガードを預けている角田先生に対し、どのような指示が出るのかをしっかり見極め、馬券に活かしたいと思っております。

そしてここからは、馬場幸夫オーナーがシンザン記念に出走させる予定のアンブロークンについて、私の頼もしい仲間の一人である、「馬主のNさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、馬場幸夫オーナーの本業は、広島県広島市の安佐南(あさみなみ)区にある、「馬場眼科」の院長です。

最寄りの「アストラムライン・安東【やすひがし】駅」からですと、南口を出て川を渡ってすぐに左折し、人気ラーメン店の「来来亭」(安佐南相田店)がある安川通りを東に500メートルほど進み、緑色の看板が目印の「妹尾病院」の隣にあるピンク色の建物が「馬場眼科」です。

同医院は、白内障、緑内障手術などで入院する方のためにベッドを20床近く完備しているため、「眼科」と言うよりは「総合病院」に近い規模を誇っており、馬場オーナーを含めた複数の医師が診療にあたっていることから、非常に多くの患者が通院しているそうで、土曜日の午後も診療を行なっているそうですから、地域の方々にとって「欠かせない存在」となっているのでしょう。

なお、JRA馬主としての馬場オーナーは、確か2007年から馬を走らせ始めており、2012年までは、特に目立った成績を残せていなかったものの、2013年は、ベストウォーリアを出走させたユニコーンSで初の重賞勝ちを飾り、アジアエクスプレスを出走させた朝日杯FSで初のGI勝ちを飾るなど、「12勝・獲得賞金2億1980万円」という成績を残していた上、2016年までの3年間も、
2014年→7勝・獲得賞金2億0516万円
2015年→12勝・獲得賞金2億5539万円
2016年→11勝・獲得賞金2億8287万円
と、安定した成績を残しておりました。

しかし2017年は、「5勝・獲得賞金1億6879万円」という数字に終わっておりましたので、2018年の馬場オーナーは、「必ず巻き返したい」と強く願っている筈であり、実際、12月23日(日)までの成績は、「8勝・獲得賞金1億7652万円」というもので、既に前年の数字を上回っておりますが、馬場オーナーが、この数字に満足せず、今後も貪欲に勝利を追求してくると私は見ております。

何故なら、馬場オーナーは、競走馬エージェントの「Narvick International」が海外のセールで落札した馬を、その後、自身の所有馬にすることが多く、その際には、多額の資金が必要となりますので。

具体的な例をいくつか挙げておきますと、
ベストウォーリア→2012年の「OBSエイプリルセール」に於いて40万ドル(約3280万円)で落札
アジアエクスプレス→2013年の「OBSマーチセール」に於いて23万ドル(約2185万円)で落札
モーニン→2014年の「OBSマーチセール」に於いて33万5000ドル(約3450万円)で落札
ベストマッチョ→2015年の「バレッツマーチセール」に於いて26万ドル(約3120万円)で落札
などは、同社が落札し、その後、馬場オーナーの所有となっております。

更に2017年も、「OBSマーチセール」に於いて、同社が総額87万5000ドル(約1億0063万円)で落札した2頭が、その後、馬場オーナーの所有となっておりました。

そして、2018年の「Narvick International」は、私が確認したところ、海外の競走馬セールに於いて、8頭を総額589万6000ドル(約6億5446万円)で落札しており、2017年までの状況を踏まえると、これらの内の何頭かは、今後、馬場オーナーの所有となる筈であり、それに向けて、現在は、「潤沢な資金を確保しておきたい」と考えている筈です。

そういった中で、年明けのシンザン記念(1着賞金3800万円・馬主の取り分は8割の3040万円)にアンブロークンを出走させる予定ですから、私がオーナーであれば、この馬を預けている手塚先生に、迷わず渾身の勝負仕上げを指示するでしょう。

・・・・・・・・・・

馬場幸夫オーナーがシンザン記念に出走させる予定のアンブロークンについて、「馬主のNさん」から届いた報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。
スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR