FC2ブログ

「サンシャイン60」とチャンピオンズCの意外な関連性とは

▼△競馬で大儲けできる絶好のチャンス!△▼

今週の「チャンピオンズC」などで
「元JRA馬主」の私がブ厚く勝負する
「ガチンコ買い目」を確認すれば、
必ず「競馬の勝ち組」になれるでしょう。

今から払戻金の使い道を決めておいてください!

詳細はこちら(完全無料)。
↓↓↓↓↓
★ ここをクリック ★

・・・・・・・・・・

こんにちは。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

oguri-kane-terebi-syukushou.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twitterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twitter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

さて、話は変わりますが、野田みづきオーナーの所有馬ミッキーブラック(牡2歳、音無秀孝厩舎)は、次走の予定が、12月28日(金)のホープフルSとなっております。

同馬は、7月1日(日)の新馬戦と、9月23日(日)の芙蓉Sを制し、デビュー2連勝を飾っておりましたが、前走の京都2歳Sは4着でした。

しかし、レース前からテンションが高くなっていた上、出負け気味のスタートでポジションを取るのに脚を使ってしまったことなどが敗因と考えられるため、着順だけを見て、この馬の評価を下げる必要はないでしょう。

いつもこのブログを熱心に読んでいる方であれば、よくご存知かと思いますが、野田みづきオーナーは、テレビCMなどで有名な財務会計ソフト・「勘定奉行」などを販売している、東証1部上場企業・「株式会社オービック」の代表取締役会長・野田順弘(まさひろ)氏の奥様であり、ご自身も同社の取締役相談役を務めております。

2000年に東証1部上場を果たした同社は、最近では、主力商品の総合業務ソフトウェア「OBIC7シリーズ」の販売や、「システムの運用支援サービス」が好調なことなどにより、

「2016年3月期」→売上高587億3800万円・経常利益295億2100万円
「2017年3月期」→売上高614億5300万円・経常利益322億4600万円
「2018年3月期」→売上高668億1400万円・経常利益355億7000万円

という過去3年の数字から分かる通り、順調に業績を伸ばし続けておりますので、二人三脚で同社を大企業に成長させた経営手腕は、誰もが認めるところでしょう。

また、野田ご夫妻は、二人ともJRAの馬主資格を取得しており、みづきオーナーは、確か2002年から馬を走らせ始め、現在までに100頭近くを所有しており、その中の代表的な存在としては、2014年のNHKマイルCや一昨年のマイルCSなど、重賞を6勝したミッキーアイルや、2015年のオークスと秋華賞を制したミッキークイーンや、今年の宝塚記念を制したミッキーロケットなどが挙げられます。

みづきオーナーは、毎年欠かさず「セレクトセール」で良血馬を何頭も落札しており、7月9日(月)と10日(火)に行われた今年の同セールに於いても、計9頭を総額7億9920万円(税込)で落札しておりますが、それから先週までの獲得賞金は「2億2444万円」で、この内、馬主の取り分は8割の「1億7955万円」であり、セールに投じた資金を2割ほどしか回収できておりません。

そのため、現在は、「セール資金の回収ペースを少しでも早めたい」と願っている筈であり、ホープフルSに向けて、ミッキーブラックを預けている音無先生に対し、どのような指示が出るのかをしっかり見極め、馬券に活かしたいと私は考えております。

そしてここからは、原禮子(れいこ)オーナーがチャンピオンズCに登録しているオメガパフュームについて、私の頼もしい仲間の一人である、「馬主のSさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、原禮子オーナーの本業は、「サンシャイン60」(東京都豊島区池袋)の54階に本社を構え、主に人材派遣や建設コンサルタントなどを手掛けている、「株式会社オメガコンサルタンツ」の代表取締役社長です。

1986年、「オメガエンジニアリング株式会社」(東京都練馬区)として設立された同社は、1991年、本社を千代田区に移した後、1995年に現在の場所に移転しており、2005年に社名を「株式会社オメガコンサルタンツ」に変更しております。

また、本社以外にも、JR博多駅(福岡県福岡市)のすぐ近くに「九州支店」を有している同社は、技術者の紹介に関するパイオニア的な存在であり、「清水建設」、「竹中工務店」、「鹿島建設」、「大成建設」、「大林組」といった大手ゼネコンが手掛ける国内の工事だけ留まらず、「ユアテック」、「きんでん」、「住友電設」といった電力会社が海外に進出した際にも、数多くの優秀な技術者を紹介しており、私が聞いた話によれば、毎年のように10億円以上の売上高を記録しているそうですから、そのトップである原オーナーは、「誰もが認める優秀な経営者」と言えるでしょう。

なお、JRA馬主としての原オーナーは、確か1998年から馬を走らせ始め、これまでに60頭以上を所有しており、過去の代表的な存在としては、2012年のフラワーCを制したオメガハートランド、2014年のフェアリーSを制したオメガハートロック、2014年のオークスとローズSなどを制したヌーヴォレコルトが挙げられます。

2014年のオーナーは、オメガハートロックとヌーヴォレコルトの活躍などにより、「重賞3勝を含む17勝・獲得賞金4億9464万円」という過去最高の成績を残しておりました。
ただ、昨年までの3年間は、
2015年→11勝・獲得賞金3億4613万円
2016年→5勝・獲得賞金1億6307万円
2017年→6勝・獲得賞金1億1876万円
という形で、賞金が右肩下がりとなっておりますので、今年の原オーナーは、「必ず巻き返したい」と強く願っているのでしょう。

実際、今年に入ってからは、オメガパフュームでシリウスSを制するなど、先週までに「12勝・獲得賞金2億2681万円」という成績を残し、既に昨年を上回っておりますが、2014年の賞金と比べれば、「2億6783万円」も少ない数字ですから、現在のオーナーは、「賞金の高いレースを多く勝って、少しでも2014年に近付きたい」と考えている筈です。

そういった中、今週、原オーナーは、1着賞金1億円(馬主の取り分は8割の8000万円)のチャンピオンズCにオメガパフュームを登録しておりますので、私がオーナーであれば、この馬を預けている安田翔伍先生に対して、迷わず渾身の勝負仕上げを指示するでしょう。

・・・・・・・・・・

原禮子オーナーがチャンピオンズCに登録しているオメガパフュームについて、私の頼もしい仲間の一人である、「馬主のSさん」さんから届いた報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。
スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR