FC2ブログ

京王杯2歳Sを勝てば、その効果は大きい筈ですから

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

毎週に渡り好結果を残している「パーフェクトホースマンズ」の実力を、
「完全無料」で体験する絶好のチャンス!

「LINE@の友だち追加」を済ませれば、
「超高額の払戻金が見込める、関係者のガチンコ買い目」
を完全無料で取得できます!

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

こんばんは。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

bajji2mini.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twitterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twitter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

さて、話は変わりますが、佐々木主浩(かづひろ)オーナーの所有馬ヴィブロス(牝5歳、友道康夫厩舎)は、次走の予定が、12月9日(日)の香港マイルとなりました。

ヴィブロスが、昨年のドバイターフで、佐々木オーナーに「初の海外G1勝利」をもたらしているのは、競馬ファンであれば、誰でもよくご存知でしょう。

そして、佐々木オーナーは、ヴィブロスを年内で引退させると決めており、先日、

「天皇賞・秋が国内の最終レースです」

と話しておりましたので、香港マイルが同馬の引退レースとなります。

日本とアメリカの両方で、速球とフォークボールを武器に、「抑えの切り札」として活躍した元プロ野球選手である佐々木オーナーと私は旧知の仲でして、以前、私が「馬券ブレイク」(現在のUMAJIN)という競馬雑誌で連載していた対談コーナーに、ゲストとして出演してもらったことがあり、その時は、競馬について非常に熱く語り合ったものです。

佐々木オーナーは、昨年、ヴィブロスがドバイターフを制し、「約3億9600万円」の賞金を獲得していた上、ジャパンCを制したシュヴァルグランの活躍などにより、JRAで「5億9127万円」の賞金を稼いでおりました。

しかし今年は、ヴィブロスがドバイターフで2着に入り、「約1億2840万円」の賞金を獲得しておりますが、JRAでは、重賞を勝てていないことなどが影響し、先週までに獲得した賞金が「1億2920万円」に留まっております。

また、佐々木オーナーは、先述した通り、ヴィブロスを年内で引退させる上、これまでに「8億8022万円」の賞金を獲得している、「稼ぎ頭」のシュヴァルグランも年内で引退させると決めておりますので、現在は、「今年の内に、この2頭で少しでも多く稼いでおきたい」と考えているのでしょう。

そしてここからは、「社台グループオーナーズ」が京王杯2歳Sに出走させるアウィルアウェイについて、私の頼もしい仲間の一人である、「競走馬エージェントのA君」が連絡してきた内容をご紹介しておきます。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよく知っているのでしょうが、「社台グループオーナーズ」は、JRAの個人馬主資格をお持ちの方に、社台グループが出資を呼び掛けているところで、ベテランの馬主さんはもちろんのこと、資格を取ったばかりで、「少しでも費用を抑えたい」と考えている馬主さんでも参加しやすいように、1頭を10口に分けて共有するシステムを採用していますね。

ちなみに、出馬表の馬主欄に、「吉田照哉オーナー」、「吉田勝己オーナー」、「吉田晴哉オーナー」などの名前が書かれている馬は、ほとんどがここの募集馬です。

もう引退している馬で言えば、オークスとエリザベス女王杯を勝ったダンスパートナーや、高松宮杯とスプリンターズSを勝ったフラワーパークや、スプリンターズSとマイルCSを勝ったデュランダルや、ジャパンCを勝ったスクリーンヒーローや、オークスを勝ったエリンコートや、安田記念を勝ったストロングリターンや、朝日杯FSと皐月賞と安田記念を勝ったロゴタイプなどが、ここの募集馬ですから、「さすがは社台グループ」と言えるでしょう。

現役で活躍しているのは、重賞で2着が7回もあるサウンズオブアースや、去年のフィリーズレビューを勝ったカラクレナイや、今年のクイーンCを勝ったテトラドラクマや、今年の七夕賞を勝ったメドウラークなどですね。

今年の「社台グループオーナーズ」は、5月2日(水)に、リアルスティールの全妹にあたる「ラヴズオンリーミーの2017」(父ディープインパクト)や、ベルシャザールの半妹にあたる「マルカキャンディの2017」(父ルーラーシップ)や、ローマンレジェンドの半弟にあたる「パーソナルレジェンドの2017」(父スクリーンヒーロー)など、全部で101頭の「2018年度募集馬リスト」(現1歳世代)について、6月4日(月)にパンフレットを発送して、それから出資を受け付けています。

ただ、私が確認したところ、もう満口になっているのは86頭で、販売終了になった2頭を除く残りの13頭は、まだ出資を受け付けていますので、今は「社台グループオーナーズ」の関係者全員が、「過去の募集馬を活躍させて、出資を考えている馬主さん達にいい印象を与えたい」と考えている筈で、こういった中、過去の募集馬が賞金の高い重賞レースを勝てば、その効果が大きいのは間違いありません。

そこで、私が「社台グループオーナーズ」の関係者でしたら、京王杯2歳Sを「何が何でも勝ちたいレース」と考えて、アウィルアウェイを預けている高野先生に、迷わずメイチの勝負仕上げを指示しますし、実際、元調教師の方から聞いた最終追い切りについての報告も、私の見込み通りと思えるものでしたから、でしたから、馬券に絡んでくる可能性が十分にあると私は思っています。

・・・・・・・・・・

「社台グループオーナーズ」が京王杯2歳Sに出走させるアウィルアウェイについて、「競走馬エージェントのA君」から届いた報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。
スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR