FC2ブログ

JBCクラシックに漂う、「技術者の紹介に関するパイオニア」の勝負気配

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

毎週に渡り好結果を残している「パーフェクトホースマンズ」の実力を、
「完全無料」で体験する絶好のチャンス!

「LINE@の友だち追加」を済ませれば、
「超高額の払戻金が見込める、関係者のガチンコ買い目」
を完全無料で取得できます!

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

こんにちは。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

mroguri.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twitterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twitter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

さて、先週、私達は、スワンSを取りこぼしてしまったものの、その他のレースで、

天皇賞・秋→馬連1520円を5点で的中

アルテミスS→3連複7640円を5点で的中

ルミエールオータムD→馬連3740円を5点で的中

魚沼特別→3連複2130円を2点で的中

といった結果を残しております。

また、上記のレースの中で、「天皇賞・秋」に関しては、2着に入ったサングレーザー(最終的に4番人気)のことを、10月22日(月)に「パーフェクトホースマンズ」のサイト内で、

【 こちら 】

「浅見秀一(ひでかず)君は、親父さんが1997年まで調教師やった浅見国一(くにいち)さんで、国一さんは、乗り役やった時に、ハイレコードに乗った1950年の菊花賞や、コマヒカリに乗った1958年の菊花賞とかを勝っとって、二度、関西リーディングになっとりました」

「それに、調教師になってからも、ヤマピットを使った1967年のオークスや、ケイキロクを使った1980年のオークスや、ヤマニンパラダイスを使った1995年の阪神3歳牝馬S(今の阪神ジュベナイルF)とか、重賞を42勝もしとりましたな」

「秀一君は、1973年に浅見国一厩舎で騎手候補になったんやけど、結局、乗り役にはならんで、1977年から調教助手をやって、1992年に自分の厩舎を開業するまでの15年間、親父さんの厩舎で経験を積んどったんですわ」

「そんで、開業してからは、3年目やった1994年に、マチカネアレグロを使ったアルゼンチン共和国杯で初めて重賞を勝つと、国一さんが定年で引退した1997年の2月には、共同通信杯4歳Sとかを勝っとったメジロブライトを引き継いで、この馬を使った1998年の天皇賞・春が、彼にとって初めてのGI勝ちになって、この年は、25勝を上げて、【9億1419万円】の賞金を稼いどったんや」

「せやけど、それからは一度も1998年の賞金を超えとらんし、去年までの5年間も、

2013年→27勝・獲得賞金5億5485万円
2014年→24勝・獲得賞金4億7974万円
2015年→25勝・獲得賞金4億2694万円
2016年→23勝・獲得賞金6億2913万円
2017年→28勝・獲得賞金6億7728万円

っちゅう成績やったんで、秀一君は、【今年こそ巻き返したい】と考えとる筈ですわ」

「実際、今年は、レインボーラインを使った天皇賞・春で10年ぶりにGIを勝つなど、先週までに【27勝・獲得賞金7億5143万円】っちゅう成績を残しとって、もう去年の賞金を上回っとるんやけど、彼は、先週までの結果に満足せんで、これからも全力で勝ちに来るとワシは見とります」

「っちゅうのも、今年の賞金【7億5143万円】の内、3割近くの【2億2135万円】が、レインボーライン1頭で稼いだもんなんやけど、この馬は、天皇賞・春のレース中に故障してもうて、6月6日(水)付けで引退しとるから、今の秀一君は、【その分を他の馬で稼がなアカン】と考えとる筈なんで」

「そんな中、今週は、1着賞金が1億5000万円の天皇賞・秋にサングレーザーを登録しとるんで、この馬をメイチに仕上げてくるんでしょうな」

という、「元調教師のYさん」の見解を包み隠さず紹介しておりました。

もちろん、この内容を確認していた方は、私と同じように、「天皇賞・秋」ではサングレーザーを絡めた馬券を購入できた筈であり、私が入手している情報の正確さを、改めて強く実感できた筈です。

そして私は、今週のレースに対しても、もちろん全力で情報収集にあたっており、今回は、既に得ている情報の中から、原禮子(れいこ)オーナーがJBCクラシックに登録しているオメガパフュームについて、私の頼もしい仲間の一人である、「馬主のSさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、原禮子オーナーの本業は、「サンシャイン60」(東京都豊島区池袋)の54階に本社を構え、主に人材派遣や建設コンサルタントなどを手掛けている、「株式会社オメガコンサルタンツ」の代表取締役社長です。

1986年、「オメガエンジニアリング株式会社」(東京都練馬区)として設立された同社は、1991年、本社を千代田区に移した後、1995年に現在の場所に移転しており、2005年に社名を「株式会社オメガコンサルタンツ」に変更しております。

また、本社以外にも、JR博多駅(福岡県福岡市)のすぐ近くに「九州支店」を有している同社は、技術者の紹介に関するパイオニア的な存在であり、「清水建設」、「竹中工務店」、「鹿島建設」、「大成建設」、「大林組」といった大手ゼネコンが手掛ける国内の工事だけ留まらず、「ユアテック」、「きんでん」、「住友電設」といった電力会社が海外に進出した際にも、数多くの優秀な技術者を紹介しており、私が聞いた話によれば、毎年のように10億円以上の売上高を記録しているそうですから、そのトップである原オーナーは、「誰もが認める優秀な経営者」と言えるでしょう。

なお、JRA馬主としての原オーナーは、確か1998年から馬を走らせ始め、これまでに60頭以上を所有しており、過去の代表的な存在としては、2012年のフラワーCを制したオメガハートランド、2014年のフェアリーSを制したオメガハートロック、2014年のオークスとローズSなどを制したヌーヴォレコルトが挙げられます。

2014年の原オーナーは、オメガハートロックとヌーヴォレコルトの活躍などにより、「重賞3勝を含む17勝・獲得賞金4億9464万円」という過去最高の成績を残しておりました。

ただ、昨年までの3年間は、

2015年→11勝・獲得賞金3億4613万円
2016年→5勝・獲得賞金1億6307万円
2017年→6勝・獲得賞金1億1876万円

という形で、賞金が右肩下がりとなっておりますので、今年のオーナーは、「必ず巻き返したい」と強く願っているのでしょう。

実際、今年に入ってからは、オメガパフュームでシリウスSを制するなど、先週までに「10勝・獲得賞金1億7934万円」という成績を残し、既に昨年を上回っておりますが、2014年の賞金と比べたら、まだまだ物足りない数字ですから、現在の原オーナーは、「もっとペースを上げたい」と考えている筈です。

そういった中、今週、原オーナーは、1着賞金9000万円(馬主の取り分は8割の7200万円)のJBCクラシックにオメガパフュームを登録しておりますので、私が関係者であれば、同馬を預けている安田翔伍先生に対して、迷わず渾身の勝負仕上げを指示するでしょう。

・・・・・・・・・・

原禮子オーナーがJBCクラシックに登録しているオメガパフュームについて、「馬主のSさん」から届いた報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。
スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR