FC2ブログ

「黄綬褒章」を受章しているオーナーが、ヴィクトリアマイルに2頭を出して勝負をかける訳

先週の「京都新聞杯」では、
11番人気アドマイヤアルバの激走を見抜き、
馬連15710円を5点で的中!

そして今週は、「元JRA馬主」の私が、
「京都新聞杯以上の好結果が確定的」
と見込んでいる、
「ヴィクトリアマイルの買い目」
を「完全無料」で公開!

詳しくはこちら。
↓↓↓↓
★ ここをクリック ★

・・・・・・・・・・

こんにちは。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

oguri-kane-terebi-syukushou.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

私は、twitterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twitter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

さて、話は変わりますが、猪熊広次オーナーの所有馬ブライトバローズ(牡6歳、堀宣行厩舎)は、次走の予定が、5月27日(日)の目黒記念(東京・芝2500m)です。

同馬は、2015年の東京ハイジャンプと2016年の阪神スプリングジャンプを制したサナシオンが半兄にいる血統です。

ブライトバローズは、昨年の10月9日(月)の六社S(東京・芝2400m)を制してオープン入りしており、その後は11月5日(日)のアルゼンチン共和国杯に出走する予定でしたが、熱発のために回避し、無理をせず休養するため、「ノーザンファームしがらき」(滋賀県甲賀市信楽町)で放牧されておりました。

いつもこのブログを熱心に読んでいる方であれば、よくご存知のことでしょうが、猪熊オーナーの本業は、JR山手線「五反田駅」(東京都品川区)のすぐ近くに本社を構え、モバイル機器の販売や、モバイルコンテンツの配信などを手掛けている、「株式会社バローズ」の代表取締役です。

同社が手掛ける「モバイルコンテンツ事業」では、

2013年→家族単位での収支管理ができる「節約家計簿」
2014年→数値を組み合わせ、より大きな数を作り出し、所定の数字を目指す頭脳パズルゲームの「2048」
2015年→心理対戦型の「人狼ゲーム」
2016年→女性向けの「イケメン★恋愛乙女ゲーム集」
2017年→近未来学園を描いたアドベンチャーゲームの「AQUA」
2018年→ロールプレイングゲームの「お嬢様はご機嫌ナナメ」

など、毎年のように新サービスを提供しており、どのコンテンツも人気を博しているそうですから、猪熊オーナーは、「業界内の注目人物」と言えるでしょう。

馬主としての猪熊オーナーは、確か2003年からJRAで馬を走らせ始め、これまでに150頭近くを所有しており、その中の代表的な存在としては、2009年のシンザン記念を制し、同年のダービーで3着だったアントニオバローズや、2015年のファンタジーSを制したキャンディバローズが挙げられます。

ただ、2015年のファンタジーSから、2年半近く重賞を勝てておりませんので、現在のオーナーは、「久々に勝ちたい」と考えている筈ですから、目黒記念に向けて、ブライトバローズを預けている堀先生に対し、どのような指示を出しているのかをしっかり見極め、馬券に活かしたいと私は考えております。

そしてここからは、吉岡實(みのる)オーナーがヴィクトリアマイルに登録しているエテルナミノルとレーヌミノルについて、私の頼もしい仲間の一人である、「馬主のOさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、吉岡實オーナーは、広島県福山市に拠点を構え、主に海運関連の業務を手掛けている、「マルヨシ物産株式会社」の代表取締役を務めております。

同社は、1972年に設立され、主な実績としては、「中国電力株式会社」が、火力発電所に於いて発生する石炭灰の海上輸送を効率的に行うため、2002年に就航させた専用船、「ツーナス」の運行管理を担当していたことが挙げられ、私が聞いた話によれば、同船の就航により、年間で約1億円の輸送コスト削減が実現したとのことです。

また、吉岡オーナーは、「全国内航船輸送海運組合」の副会長を務めていたことや、2010年に「黄綬褒章」(おうじゅほうしょう)を受章した経歴などから、多くの方が「海運業界の重要人物」と認めているのでしょう。

馬主としての吉岡オーナーは、確か2007年から馬を走らせ始めて、現在までに60頭近くを所有しており、一昨年までの5年間は、

2012年→2勝・獲得賞金2085万円
2013年→3勝・獲得賞金3046万円
2014年→6勝・獲得賞金8326万円
2015年→4勝・獲得賞金1億1893万円
2016年→16勝・獲得賞金2億9110万円

という形で順調に獲得賞金を伸ばしておりました。

そして、昨年は更に勢いが増し、レーヌミノルを出走させた桜花賞で初めてのGI勝ちを飾るなど、12勝を上げ、過去最高となる「4億0019万円」の賞金を獲得しておりましたので、オーナーは大いに喜んだことでしょう。

ただ、今年に入ってからは、エテルナミノルで愛知杯を制するなど、先週までに3勝を上げておりますが、獲得賞金は「7086万円」と、まだ昨年の2割にも達しておりませんので、現在の吉岡オーナーは、「賞金の高いレースを勝って、少しでも昨年のペースに近付けたい」という思いを抱いている筈です。

また、吉岡オーナーは、「競走馬セール」に参加する機会が多く、昨年は、

7月10日(月)~11日(火)の「セレクトセール」→1頭を3780万円で落札
7月18日(水)の「HBAセレクションセール」→1頭を1944万円で落札

と、計2頭を総額5724万円で落札しておりました。
(落札金額は全て税込)

もちろん、昨年の状況を踏まえますと、今年の「競走馬セール」に於いても何頭かを落札する可能性が高く、現在のオーナーは、「セール資金を今の内から稼いでおきたい」とも考えているのでしょう。

そういった中、今週は、1着賞金1億0500万円(馬主の取り分は8割の8400万円)のヴィクトリアマイルにエテルナミノルとレーヌミノルを登録しておりますので、私が吉岡オーナーでしたら、この2頭を預けている本田先生に対して、迷わず渾身の勝負仕上げを指示するでしょう。

・・・・・・・・・・

「馬主のOさん」から届いた、吉岡實オーナーがヴィクトリアマイルに登録している、エテルナミノルとレーヌミノルに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。
スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR