FC2ブログ

「やまとなでしこ」を見て馬主になった眼科医が、鞍馬Sを勝ちたい理由とは

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆

毎週に渡り好結果を残している「パーフェクトホースマンズ」の実力を、
「完全無料」で体験する絶好のチャンス!

「LINE@の友だち追加」を済ませれば、
「超高額の払戻金が見込める、関係者のガチンコ買い目」
を完全無料で取得できます!

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

おはようございます。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

bajji2mini.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

私は、twitterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twitter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

さて、話は変わりますが、里見治紀(はるき)オーナーは、サトノルーラーを出走させた昨日の新潟12R・二王子特別に於いて、馬主としての初勝利を上げました。

このブログを読む方でしたらご存知かと思いますが、里見治紀オーナーは、「サトノ」の冠名でお馴染みの里見治(はじめ)オーナーのご子息で、昨年の4月1日(土)から、「セガサミーホールディングス株式会社」(東証1部上場)の代表取締役社長COOとなっております。

「汐留住友ビル」(東京都港区東新橋)に本社を構えている同社は、パチンコ・パチスロの「北斗の拳シリーズ」などで有名な「サミー株式会社」や、ゲームソフトの開発・販売を手掛け、アミューズメント施設の開発・運営では業界最大手の「株式会社セガ」などを傘下としており、2017年3月期に於けるグループ全体の売上高は、「3669億3900万円」という素晴らしい数字を記録しておりました。

したがって、同社の代表取締役社長COOに就任した治紀オーナーのことは、誰もが「今後の日本経済を牽引する重要人物の一人」と認めているのでしょう。

サトノルーラーは、元々、治オーナーの所有馬でしたが、今年の2月から治紀オーナーの名義になっております。

所有馬が勝った時の喜びは何物にも替え難いものであり、今回、治紀オーナーとって、「忘れることのできない大きな1勝」となった筈です。

そしてここからは、山上和良オーナーが鞍馬Sに出走させるセカンドテーブルについて、私の頼もしい仲間の一人である、「馬主のAさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

山上和良オーナーの本業が、三重県の名張市にある「やまがみ眼科」の院長なんは、小栗さんもよく知っとるやろ。

1994年に京都大学の医学部を卒業してから、「京都大学附属病院」、「市立宇和島病院」、「彦根市立病院」とかで経験を積んだ山上オーナーは、1999年の10月に「やまがみ眼科」を開院しとります。

同院では、日帰りで行っとる「白内障」の手術が好評な上、名張市内だけやなく、同市の南側にある曽爾(そに)村や御杖(みつえ)村とか、病院から30キロ近く離れた場所に住んどる患者さんを、無料で自宅まで送迎するサービスを行っとるそうですわ。

それに、山上オーナーは、「医療法人グリーンスウォード」の運営にも深く関わっとって、同団体は、名張市内に、「やまがみ眼科」をはじめ、「かも内科消化器科クリニック」、「みらいのこどもクリニック」、「ちひろ内科クリニック」、「ハートリークリニック」、「ますだ呼吸器科クリニック」の6ケ所、滋賀県大津市に「レイクこどもクリニック」、滋賀県野洲市に「たけだ眼科」、甲賀市に「皮ふ科クリニックみなくち」、京都府八幡市に「あだち眼科」と、計10ケ所の診療所を管理しとるんやから、山上オーナーは、この医療法人の理事長として、地域の方から厚い信頼を寄せられとるんやろ。

2000年に地方競馬(笠松)の馬主資格を取って、2003年頃からJRAで馬を走らせとる山上オーナーが、馬主になったきっかけは、ワシが聞いた話によると、「地方競馬の馬主になりませんか」と呼び掛けとった生産牧場のホームページを見て、その牧場に連絡をしてみたことと、当時、フジテレビ系列で放送されとった「やまとなでしこ」っちゅうドラマを見て、「馬主になれば女性にもてる」と思ったことなんですわ。

そんで山上オーナーは、今までに200頭近くを所有しとって、2010年には、過去最高の「10勝・獲得賞金1億5759万円」っちゅう成績を残しとったし、2014年には、セカンドテーブルを出走させた京王杯2歳Sで、初めての重賞勝ちを飾っとりましたな。

でも、それからは一度も2010年の賞金を超えとらんので、今年の山上オーナーは、「何が何でも2010年の賞金を上回りたい」と考えとる筈やけど、先週までの獲得賞金は「2732万円」に留まっとるんで、今は、「もっと稼がなアカン」と考えとる筈や。

それに、山上オーナーは、「競走馬セール」に参加する機会が多くて、去年は、

■5月23日(火)の「HBAトレーニングセール」→1頭を324万円で落札
■8月21日(月)~25日(金)の「HBAサマーセール」→5頭を1966万円で落札
■10月2日(月)~4日(水)の「HBAオータムセール」→1頭を108万円で落札
と、計7頭を総額2374万円で落札しとりました。
(金額は全て税込表記)

もちろん今年も、これから行われる「競走馬セール」に参加する可能性が高いんで、今は、「落札資金を今の内から稼いどきたい」とも考えとるんやろう。

そんな中、今日は、1着賞金2300万円(馬主の取り分は8割の1840万円)の鞍馬Sにセカンドテーブルを使うんで、ワシが山上オーナーやったら、この馬を預けとる崎山先生に、お釣りを残さないメイチの勝負仕上げを指示するやろうし、実際、元調教師の方から届いとる最終追い切りの報告が、

「2日(水)、レースでも乗る水口君が坂路に入れて、4Fが51秒5、終いの1Fが11秒8っちゅう時計を馬なりで出しとりました。デキがエエ馬ならではの素軽い動きやったし、追い切った後もどっしり落ち着いとったから、これなら力を出し切れる筈やで」

っちゅうもんやったんで、ええレースが期待できるやろう。

・・・・・・・・・・

「馬主のAさん」から届いた、山上和良オーナーが鞍馬Sに出走させる、セカンドテーブルについてに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。
スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR