FC2ブログ

NHKマイルCと京都新聞杯に漂う、私の盟友の勝負気配

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

毎週に渡り好結果を残している「パーフェクトホースマンズ」の実力を、
「完全無料」で体験する絶好のチャンス!

「LINE@の友だち追加」を済ませれば、
「超高額の払戻金が見込める、関係者のガチンコ買い目」
を完全無料で取得できます!

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

こんにちは。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

mroguri.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

私は、twitterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twitter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

さて、先週のレースで、私達は、天王山Sを取りこぼしてしまったものの、

青葉賞→馬連10940円を5点で的中

天皇賞・春→馬連1030円を5点で的中

谷川岳S→3連複14560円を5点で的中

邁進特別→3連複3940円を2点で的中

スイートピーS→馬単2420円を2点で的中

という結果を残し、十分な利益を得ることができました。

また、上記のレースの中で、「青葉賞」にエタリオウとスーパーフェザーを出走させていた友道康夫厩舎に関しては、4月27日(金)に、「パーフェクトホースマンズ」のサイト内で、

【 こちら 】

「友道康夫君は、大阪府立大学の獣医学科を出とって、競馬学校の厩務員課程を出た1989年からは、浅見国一さんの厩舎で厩務員と調教助手を、1996年から調教師の試験に受かった2001年までは、松田国英君の厩舎で調教助手をやっとりましたな」

「ちなみに、彼がこの世界に入ろうと決めたんは、大学で馬術部に入っとったように、元々、馬が好きやったし、学生の頃に、スペシャルウィーク(1998年のダービーなどGIを4勝)や、アグネスデジタル(2001年の天皇賞・秋などGIを6勝)などを育てた白井寿昭さんが、1978年に調教師の試験に受かった時、スポーツ新聞の【競馬サークル出身者以外では、初めての大卒調教師】っちゅう記事を見て、【自分も調教師になりたい】と思ったことが、きっかけなんですわ」

「友道君が浅見さんの厩舎におった時には、重賞を3つ勝ったヤマニングローバルや、阪神3歳牝馬S(現在の阪神ジュベナイルF)を勝ったヤマニンパラダイスとかがおって、松田君の厩舎におった時には、ダートの重賞で活躍したゴールドティアラやブロードアピールとかがおったんやから、走る馬を間近で見るっちゅう、ホンマにエエ経験ができたんやろ」

「2002年の11月に自分の厩舎を開業した友道君は、その年は3勝止まりやったけど、次の年は一気に19勝まで数字を伸ばしとりました」

「しかも彼は、レースを多く勝つだけやなくて、ワンモアチャッターを使った2005年の朝日チャレンジCで初めて重賞を勝っとるし、アドマイヤジュピタを使った2008年の天皇賞・春で初めてGIを勝つなど、今までにGIを8つも勝って、これを入れて重賞を全部で33回も勝っとりますな」

「そんで、2012年の友道君は、ヴィルシーナでクイーンCを勝つなど、【37勝・獲得賞金8億6631万円】っちゅう数字を残しとったし、それから2015年までは2012年の成績を超えられなかったんやけど、一昨年と去年は、

2016年→38勝・獲得賞金13億3415万円
2017年→43勝・獲得賞金13億7646万円

っちゅう形で一気に数字を伸ばしとって、特に去年は、アドマイヤミヤビを使ったクイーンC、ワグネリアンを使った東京スポーツ杯2歳S、シュヴァルグランを使ったジャパンCとかを勝っとって、勝ち星と賞金のどっちも開業してから一番の数字でしたな」

「ただ、今年は、先週までに13勝しとるんやけど、重賞を勝っとらんことなどが響いて、獲得賞金は【2億8299万円】っちゅう数字で、まだ去年の2割にも届いとらんので、ワシが彼やったら、【賞金の高い重賞を勝って一気に稼ぎたい】と考えますわ」

「それに、友道君の厩舎は、一昨年の秋華賞を勝つなど、今までにJRAで【1億6309万円】を稼いどるヴィブロスを、4月1日(日)(現地時間)のドバイターフに使ったんやけど、惜しくも2着やったから、【この悔しさを晴らしたい】とも考えとるんでしょうな」

「そんな中、今週は、1着賞金が5400万円の青葉賞にエタリオウとスーパーフェザーを使うんで、ワシは、【どっちもメイチに仕上げてくる】と見とったし、一昨日、最終追い切りの様子を確認したところ、この2頭を坂路に入れて併せ馬をやっとりましたわ」

「馬場がかなり渋っとったんで、どっちも4Fが55秒台の中盤と、時計は目立つもんやなかったけど、エタリオウとスーパーフェザーのどっちも気合い乗りが抜群やったし、追い切った後も元気一杯やったんで、ワシの見込み通り、友道君がキッチリ仕上げてきたんでしょうな」

という、「元調教師のIさん」の見解を紹介しておりました。

もちろん、この内容をご覧になっていた方は、私と同じように、友道厩舎の馬を絡めた馬券を購入できた筈であり、私が入手している情報の正確さを、改めて強く実感できた筈です。

そして私は、NHKマイルCや京都新聞杯を筆頭とした今週のレースに対しても、もちろん全力で情報収集にあたっており、今回は、既に得ている情報の中から、金子真人(まこと)オーナーが登録している、NHKマイルCのアンコールプリュと京都新聞杯のユーキャンスマイルについて、私自身の見解をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

金子真人オーナーの本業は、横浜市の都筑区に本社を構えている東証1部上場企業、「株式会社図研」の代表取締役社長です。

同社は、1976年に金子オーナーが横浜市磯子区で設立した「株式会社図形処理研究所」が起源で、1985年に現在の社名となり、その後も着実に業績を伸ばし続け、1990年、現在の本社ビルと中央研究所ビルを完成させ、1994年には東証1部への上場を果たし、現在では、「プリント基板」と呼ばれる配線設計の支援システムに於いて、世界トップクラスのシェアを誇っており、世界各国で5000社ほどの企業に製品を提供しております。

そして現在の同社は、資本金が101億1700万円、従業員数が400名以上となっており、グループ企業は、国内に「図研テック株式会社」、「図研エルミック株式会社」、「図研ネットウエイブ株式会社」、「株式会社図研プリサイト」、「株式会社ダイバーシンク」などがあり、海外にも、「ZUKEN EAO(欧米に8か所)」、「ZUKEN KOREA Inc.」、「ZUKEN SINGAPORE Pte.Ltd.」、「ZUKEN TAIWAN Inc.」、「図研上海技術開発有限公司」など、合計で20社以上を有しており、連結子会社を含めた従業員数は、1200名近くに及んでいる筈です。

同社が現在も成長し続けているのは、業績を見れば一目瞭然で、「2017年3月期」の数字は、

売上高:221億9900万円
経常利益:15億7100万円

となっておりましたので、一代で「株式会社図研」を大企業に成長させた金子オーナーのことは、誰もが「経営者の鑑」と認めているのでしょう。

JRA馬主としての金子オーナーは、1999年のスプリンターズSと2001年の安田記念を制したブラックホークや、2001年のNHKマイルCとジャパンCダートを制したクロフネや、2004年のNHKマイルCとダービーを制したキングカメハメハや、2005年の牡馬三冠などGIを7勝したディープインパクトや、2008年のジャパンCダートを筆頭にGIを7勝したカネヒキリや、2010年の牝馬三冠を制したアパパネなどを所有し、現役馬を含めなくとも、素晴らしい実績を残しております。

また、私は、一口馬主クラブ・日信レースホース(後のセゾンRH・現在のライオンRH)の代表を務めた後、1989年にJRAの個人馬主資格を取得し、それから2011年の5月まで、20年以上に渡り馬主を続けておりましたので、金子オーナーとは、各競馬場の馬主席で数え切れないほど顔を合わせており、更に、行きつけの寿司屋が同じだったため、そこで顔を合わせたことも少なくありません。

そして、私が「東京馬主協会」の顧問を務めていた頃、相談役を務めていたのが金子オーナーだったため、こういった経緯から、私にとって金子オーナーは、「盟友の中の盟友」と言えます。

2015年の金子オーナーは、ラブリーデイで宝塚記念と天皇賞・秋などを制し、フルーキーでチャレンジCを制するなど、「60勝・獲得賞金19億8755万円」という、過去最高の成績を残しておりました。

しかし、一昨年と昨年は、

2016年→42勝・獲得賞金13億1663万円
2017年→50勝・獲得賞金10億7268万円

と記せば分かる通り、獲得賞金が「完全に右肩下がり」となっております。

このように獲得賞金が伸び悩んでいる要因の一つとしては、重賞レースの勝利数が、2015年は9勝を上げていたものの、2016年は4勝、昨年は2勝と、大きく減っていることが挙げられるでしょう。

また、今年はまだ重賞を勝てておらず、先週までの成績が「13勝・獲得賞金3億2291万円」というもので、昨年の同時期(4月まで)の「16勝・獲得賞金3億8831万円」を下回っておりますので、現在のオーナーは「賞金の高いレースを勝って必ず巻き返したい」という思いを抱いている筈です。

更に、金子オーナーは、「セレクトセール」で高額馬を落札する機会が非常に多く、7月10日(月)~11日(火)に行われた昨年の同セールでは、計11頭を総額6億5340万円(税込)で落札しておりました。

もちろん、昨年の状況を踏まえますと、今年の「セレクトセール」にも参加する可能性が高く、現在は、「今の内から落札資金を潤沢にしておきたい」とも考えているのでしょう。

そのような中、金子オーナーは、今週、1着賞金1億0500万円(馬主の取り分は8割の8400万円)のNHKマイルCにアンコールプリュ、1着賞金5400万円(同4320万円)の京都新聞杯にユーキャンスマイルを登録しております。

そこで、私が金子オーナーであれば、それぞれを預けている厩舎に対して、お釣りを残さないメイチの勝負仕上げを指示しますので、元調教師の方には、実際に厩舎がどう仕上げてくるのかなど、今後の動きを念入りに確認していただきたいところです。

・・・・・・・・・・

金子真人オーナーが登録している、NHKマイルCのアンコールプリュと京都新聞杯のユーキャンスマイルに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。
スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR