FC2ブログ

関東リーディングで首位に立っている調教師が、皐月賞を勝ちたい理由とは

【 見 逃 し 厳 禁 ! 】

本日の「皐月賞」では、
元JRA馬主の私が、
ブ厚く勝負する「激アツ買い目」
を「完全無料」で公開します。

「馬券でガッチリ儲けたい」と願っている方は、今すぐこちらをご確認ください。
↓↓↓↓
★ ここをクリック ★

・・・・・・・・・・

おはようございます。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

mroguri.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

私は、twitterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twitter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

さて、話は変わりますが、猪熊広次オーナーの所有馬ゴールデンバローズ(牡6歳・堀宣行厩舎)は、次走の予定が、来週の土曜日、4月21日のオアシスS(東京・ダート1600m)となっております。

いつもこのブログを熱心に読んでいる方であれば、よくご存知のことでしょうが、猪熊オーナーの本業は、JR山手線「五反田駅」(東京都品川区)のすぐ近くに本社を構え、モバイル機器の販売や、モバイルコンテンツの配信などを手掛けている、「株式会社バローズ」の代表取締役です。

同社が手掛ける「モバイルコンテンツ事業」では、

2012年→九星気学をベースにした本格占いができる「開運!風水」
2013年→家族単位での収支管理ができる「節約家計簿」
2014年→数値を組み合わせ、より大きな数を作り出し、所定の数字を目指す頭脳パズルゲームの「2048」
2015年→心理対戦型の「人狼ゲーム」
2016年→女性向けの「イケメン★恋愛乙女ゲーム集」
2017年→アドベンチャーゲームの「AQUA」

など、毎年のように新サービスを提供しており、どのコンテンツも人気を博しているそうですから、猪熊オーナーは、「業界内の注目人物」と言えるでしょう。

馬主としての猪熊オーナーは、確か2003年からJRAで馬を走らせ始めていて、これまでに150頭近くを所有しており、その中の代表的な存在としては、2009年のシンザン記念を制し、同年のダービーで3着だったアントニオバローズや、2015年のファンタジーSを制したキャンディバローズが挙げられます。

猪熊オーナーは、毎年欠かさず競走馬セールに参加しており、昨年も、

■「JRAブリーズアップセール」→1頭を1674万円で落札
■「セレクトセール」→2頭を1億5768万円で落札
■「HBAセレクションセール」→3頭を5400万円で落札
■「HBAサマーセール」→2頭を1102万円で落札
■「HBAオータムセール」→1頭を821万円で落札

と、計9頭を総額2億4765万円で落札しておりました。
(金額は全て税込表記)

もちろん、昨年までの経緯を踏まえますと、猪熊オーナーは、今年も競走馬セールで多くの馬を購入する筈であり、4月24日(火)に行われる、今年の「JRAブリーズアップセール」にも参加する可能性が高く、現在は、「来週までにできるだけ多くの賞金を稼いで、潤沢な資金でセールに参加したい」と考えている筈です。

したがって、1着賞金2200万円(馬主の取り分は8割の1760万円)のオアシスSに向けて、ゴールデンバローズを預けている堀先生に対し、どのような指示を出しているのか、注目したいと思っております。
 
そしてここからは、木村哲也厩舎が皐月賞に出走させるステルヴィオについて、私の頼もしい仲間の一人である「記者のD君」が連絡してきた内容をご紹介しておきます。

・・・・・・・・・・

火曜日の夜は、朝早くから最終追い切りを取材できるよう、前もって美浦入りすることが多くて、今週は、少し早めに着いたので、記者仲間達と、ステーキやしゃぶしゃぶが美味しい「レストラン中台」に行ってきました。

JR常磐線の土浦駅の西口を出て、目の前にあるイトーヨーカドーの左側の道をまっすぐ進んで、3つ目の信号を左に曲がったところにある「レストラン中台」は、「幻の黒毛和牛」と呼ばれている「飯村牛」を使ったメニューに力を入れていて、テレビで何度も紹介されていますし、もちろん、どの料理も絶品なんですよ。

ちなみに、競馬関係者の中では、横山典弘騎手や蛯名正義騎手などが、その他では、大相撲の高安関や豊ノ島関も食べにくるそうです。

さてさて、時間がないので早速本題に入りますけど、今回は、木村哲也先生が皐月賞に使う、ステルヴィオについての報告をしておきます。

木村先生は、家族や親戚に関係者がいた訳ではなく、お父さんがサラリーマンだったので、元々、競馬の世界に進むつもりではなく、神奈川大学の工学部建築学科を出ていますし、馬に乗った経験も全くなかったそうです。

でも、急に馬と関わる仕事がしたくなって、一人で北海道に行って牧場で働き、その後は、アイルランドに行って馬のことを学んでいたんですよ。

それからは、2000年の4月に競馬学校の厩務員課程に入って、その年の10月に、1980年の中山記念を勝ったヨシノスキーや、1985年のクイーンSを勝ったアサクサスケールなどを育てた、佐藤征助さんの厩舎で厩務員になって、次の年の5月からは、高橋裕厩舎で調教助手になっていました。

その後は、勢司和浩厩舎や、中川公成(ただしげ)厩舎で経験を積んで、2011年に調教師の試験に受かって、その年の6月に自分の厩舎を開業しています。

初めの年は、「6勝・獲得賞金5941万円」という成績でしたけど、その後は、

2012年→9勝・獲得賞金1億6275万円
2013年→16勝・獲得賞金2億0123万円
2014年→14勝・獲得賞金2億2627万円
2015年→31勝・獲得賞金4億8362万円
2016年→37勝・獲得賞金5億4819万円

と、順調に数字を伸ばしていましたし、2015年は、アルビアーノを使ったフラワーCで初めての重賞勝ちを飾っていますね。

去年の木村先生は、ゼーヴィントでラジオNIKKEI賞を勝つなど、33勝を上げて、今までで一番多い「5億8982万円」の賞金を稼ぎましたけど、勝ち星は一昨年よりも4つ少なかったので、今年の彼は、「勝ち星と賞金のどっちも一番の成績を残したい」と考えている筈です。

実際、今年に入ってからは、プリモシーンでフェアリーSを、ステルヴィオでスプリングSを勝つなど、先週までに「15勝・獲得賞金2億4899万円」という成績を残していて、「関東調教師リーディング」で1位に立っていますね。

でも、栗東の調教師も入れると、

1位:藤原英昭厩舎→25勝
2位:角居勝彦厩舎→18勝
3位:矢作芳人厩舎→16勝
4位:木村哲也厩舎→15勝

という状況ですから、今の木村先生は、「もっと勝ちたい」と考えているでしょうね。

それに、先生の厩舎は、アルビアーノを使った2015年のNHKマイルCと、ステルヴィオを使った去年の朝日杯FSで2着に入ったのが最高で、まだ一度もGIを勝てていませんから、今は、「そろそろ勝ちたい」とも考えている筈です。

そんな中、今日は、1着賞金が1億1000万円の皐月賞にステルヴィオを使いますので、木村先生が、勝負を懸けてくると私は見ていましたし、11日(水)にやった最終追い切りをじっくり確認したところ、南ウッドに入れられて、4Fが53秒8、終いの1Fが12秒6という時計を馬なりで出していました。

アーチキング(古馬1000万下)をコンマ4秒追い掛ける形で、持ったまま並び掛けると、最後は同入に持ち込んでいました。

キレのあるフットワークで走れていましたし、追い切った後も馬体をふっくら見せていましたから、私の見込み通り、先生がキッチリ仕上げてきたのでしょうね。

・・・・・・・・・・

「記者のD君」から届いた、木村厩舎が皐月賞に出走させるステルヴィオに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。
スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR