人気テレビ番組を数多く手掛けているオーナーが、ダービー卿CTで勝負を懸けるのは…

「大阪杯」のレース後、

「しまった!この馬は買ってなかったよ…」

といった悔しい思いをしたくない方は、
「元JRA馬主」の私がブ厚く勝負する
「ガチンコ買い目」に乗るべきです!

これを確認すれば、難なく
「競馬の勝ち組」
になれるでしょう!

詳細は、こちらをご確認ください(完全無料)。
↓↓↓↓
★ ここをクリック ★

・・・・・・・・・・

こんにちは。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

oguri-kane-terebi-syukushou.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

私は、twitterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twitter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

さて、話は変わりますが、現地時間の3月28日(水)に、「ファシグティプトン・ガルフストリームセール」(アメリカ・フロリダ州)が行われました。

同セールは、これまでに、2001年のNHKマイルCとジャパンCダートを制したクロフネや、2010年のマイルCSを制したエーシンフォワードや、2015年のフラワーCとスワンSを制したアルビアーノなどを輩出しております。

今年は、

上場頭数:91頭
落札頭数:60頭
売却総額:2349万5000ドル(約24億9047万円)
※1ドル=106円で換算

という結果でした。

そして、毎年のように日本からも関係者が参加しており、私が確認したところ、今年は、

■吉田勝己オーナー
3頭を総額92万5000ドル(約9805万円)で落札

■社台ファーム
1頭を65万ドル(約6890万円)で落札

といった落札がありました。

当然、同セールで競走馬を落札した関係者達は、今週以降のレースに、「セールで使った資金を回収するため、可能な限り多くの賞金を稼ぎたい」という思惑を張り巡らせる筈です。

もちろん、私は、これらの全貌を掌握し、馬券に反映させるため、今後も彼らの動向を入念に確認したいと考えております。

そしてここからは、池谷誠一オーナーがダービー卿CTに出走させるアデイインザライフについて、私の頼もしい仲間の一人である、「馬主のJさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、池谷誠一オーナーの本業は、東京都の渋谷区代々木に本社を構えて、主にテレビ番組の企画や制作を手掛けている、「株式会社ネクサス」の代表取締役です。

1985年の8月に設立された同社は、これまでに、「ニュース23特集」(TBS)、「どうぶつ奇想天外」(TBS)、「驚きももの木20世紀」(テレビ朝日)、「教えて!ガリレオ」(日本テレビ)、「ドラGO!」(テレビ東京)など、報道番組からバラエティまで、幅広いジャンルの番組制作を手掛けております。

そして現在も、「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京・1994年放送開始)や、「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日・1993年放送開始)といった長寿番組をはじめ、「美の巨人たち」(テレビ東京・2000年放送開始)など、人気番組を数多く手掛けておりますので、「株式会社ネクサス」の代表取締役を務めている池谷オーナーは、「テレビ業界に於ける重要な存在」と言える筈です。

ちなみに池谷オーナーは、会社の新年会で、TBSの近くにある「鮨処いとう」(港区赤坂)など、馴染みの寿司職人を呼んで、社員のために寿司を握ってもらうことを毎年の恒例にしており、「ネタがなくなるまでの食べ放題」を行なうそうですから、社員達が一丸となって新年のスタートを切れるのでしょう。

なお、馬主としての池谷オーナーは、確か1989年からJRAで馬を走らせており、これまでの代表的な存在としましては、1992年の京王杯SCなど重賞を3勝したダイナマイトダディや、1999年の青葉賞とステイヤーズSを勝ったペインテドブラックや、2006年のスワンSなど重賞を4勝したプリサイスマシーンや、2008年のユニコーンSを勝ったユビキタスなどが挙げられます。

2003年の池谷オーナーは、プリサイスマシーンなどの活躍によって、「18勝・獲得賞金3億1614万円」という過去最高の成績を残していたものの、それからはずっとこの数字を下回っており、昨年までの5年間も、

2013年→11勝・獲得賞金1億8138万円
2014年→8勝・獲得賞金1億6805万円
2015年→9勝・獲得賞金1億2596万円
2016年→9勝・獲得賞金2億0138万円
2017年→5勝・獲得賞金1億0406万円

と、2003年と比べて明らかに物足りない状況が続いているため、「このままではマズい」という危機感を抱いている筈です。

ただ、今年に入ってから先週までは、「12戦0勝・獲得賞金1637万円」という成績に留まっておりますので、私が池谷オーナーでしたら、「早く今年の初勝利を上げたい」、「賞金の高い特別レースを勝って一気に稼ぎたい」と考えるでしょう。

また、池谷オーナーは、競走馬セールに参加する機会が多く、一昨年の「セレクトセール」では、計3頭を総額1億0476万円で落札していた上、7月10日(月)~11日(火)に行われた昨年の同セールでも、計2頭を総額9162万円で落札しておりますので、今年も「セレクトセール」で何頭かの落札を予定している筈ですから、私がオーナーでしたら、「落札資金を早めに稼いでおきたい」とも考える筈です。
(落札金額は全て税込表記)

そういった中、今週は、1着賞金が3900万円(馬主の取り分は8割の3120万円)のダービー卿CTにアデイインザライフを出走させますので、私が池谷オーナーであれば、この馬を預けている萩原先生に対して、メイチの勝負仕上げを指示します。
実際、元調教師の方から届いている最終追い切りについての報告が、

「一昨日、レースでも乗る予定の北村宏司君が南ウッドで強めに追って、5Fが68秒2、終いの1Fが12秒5という時計を出していました。先行していたルヴァンスレーヴ(3歳オープン)をコンマ6秒追い掛ける形で、ゴーサインが出ると一気に差を詰めて、最後は同入に持ち込んでいましたね。軽快な脚捌きで走れていましたし、追い切った後も歩様がスムーズでしたから、1年4ヶ月振りだった前走を使われた上積みが大きい筈です」

という報告でしたから、好レースが期待できるでしょう。

・・・・・・・・・・

「馬主のJさん」から届いた、池谷誠一オーナーがダービー卿CTに出走させるアデイインザライフに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。
スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR