「山梨のダービーオーナー」が、六甲Sで勝負を懸ける根拠とは

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

毎週に渡り好結果を残している「パーフェクトホースマンズ」の実力を、
「完全無料」で体験する絶好のチャンス!

「LINE@の友だち追加」を済ませれば、
「超高額の払戻金が見込める、関係者のガチンコ買い目」
を完全無料で取得できます!

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

おはようございます。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

ogurindaikankuchitori1mini.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

私は、twitterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twitter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

ところで、安原浩司オーナーの所有馬アンジュデジール(牝4歳・昆貢厩舎)は、次走の予定が、4月11日(水)の交流重賞・マリーンC(船橋・ダート1600m)になりました。

同馬は、今年の愛知杯を制したエテルナミノルが従姉妹にいる血統です。

アンジュデジールは、昨年、交流重賞のスパーキングレディーCを制するなど、牝馬ダート路線で安定した活躍を見せており、今年の初戦であった前走のエンプレス杯では、好位からしぶとく抜け出して、重賞2勝目を上げております。

このブログを熱心に読んでいる方であれば、ご存知かと思いますが、安原オーナーの本業は、札幌市の中央区に本社ビルを構え、水道経費削減事業や、水処理システム管理や、不動産事業や、クリニックモール運営・管理などを手掛けている、「株式会社ファイネストコーポレーション」の代表取締役です。

2006年に設立された同社は、JA札幌厚生病院、JA旭川厚生病院、JA帯広厚生病院、札幌道都病院、手稲渓仁会病院といった医療機関や、東京ドームホテル札幌、プレミアムホテルTSUBAKI札幌といった宿泊施設や、キャポ大谷地といった商業施設に於いて、地下水処理システムの保守管理などを行っております。

更に同社は、その他にも、札幌市内を中心に、不動産管理や新築戸建販売やリノベーションを手掛けている上、札幌と新冠に店舗を構えている「椿サロン」は、「北海道を感じられるカフェ」として好評を博しており、道内の方だけでなく、観光客からも大いに喜ばれているそうです。

なお、馬主としての安原オーナーは、確か2006年からJRAで馬を走らせ始めていて、これまでに50頭近くを所有しており、その中の代表的な存在としては、2015年の小倉2歳Sと一昨年の阪神Cを制しているシュウジが挙げられるでしょう。

ただ、そのシュウジが一昨年の阪神Cを制してから、「10連敗中」となっており、その影響もあってか、JRAでは、今年に入ってから先週までの成績が、「18戦1勝」に留まっておりますので、現在のオーナーは、「その分をアンジュデジールで稼ぎたい」と考えている筈です。

したがって、マリーンCに向けて、この馬を預けている昆先生に対し、どのような指示を出しているのか、注目したいと思っております。

そしてここからは、久米田正明オーナーが六甲Sに出走させるロジクライについて、私の頼もしい仲間の一人である、「馬主のYさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、久米田正明オーナーは、山梨県笛吹市に本社を構えている、「ロジフレックス株式会社」の創業者です。

主に精密機器の輸送などを行っている同社は、東証1部上場企業の「横河電機株式会社」と、そのグループ企業の物流を行うため、1999年に設立されました。

そして現在は、取引先に、電気機器の業界最大手であるアメリカの「アジレント・テクノロジー株式会社」なども名前を連ねており、山梨県の本社以外にも、東京、神奈川、大阪に計4つの営業所を構え、近年は毎年のように20億円近くの売上高を記録しておりますので、「ロジフレックス株式会社」を創業した久米田オーナーは、周囲から厚い信頼を寄せられていることでしょう。

なお、久米田オーナーは、2007年にJRAの個人馬主資格を取得しており、馬主になった理由は、旧知の友人であるプロゴルファーの青木功さんから、「ダノン」の野田順弘(まさひろ)オーナーを紹介され、その際に「競馬が好きなら馬を持ちなさい」と勧められたからだそうです。

そして、2008年からJRAで馬を走らせ始めて、この年に早くも、ロジユニヴァースで札幌2歳SとラジオNIKKEI杯2歳Sを制していた上、翌年には同馬でダービーを制し、前年7月の馬主デビューから一年足らずでダービー馬のオーナーとなっておりました。

また、同年の久米田オーナーは、ロジユニヴァースの活躍により、「重賞2勝を含む8勝・獲得賞金2億8433万円」という素晴らしい成績を残しておりましたが、それ以降は、

2010年→6勝・獲得賞金1億0131万円
2011年→3勝・獲得賞金4397万円
2012年→7勝・獲得賞金8792万円
2013年→6勝・獲得賞金7837万円
2014年→3勝・獲得賞金6765万円
2015年→9勝・獲得賞金1億3104万円
2016年→6勝・獲得賞金1億4577万円
2017年→6勝・獲得賞金9123万円

という形で数字が伸び悩んでおりますので、今年の久米田オーナーは、「必ず巻き返したい」と考えている筈です。

実際、今年に入ってから先週までの成績は、「2勝・獲得賞金4085万円」と、昨年の同時期(3月3週目まで)の「2勝・獲得賞金2043万円」を上回っておりますが、久米田オーナーは、先週までの結果に満足することなく、今後も貪欲に勝利を追求してくると私は見ております。

何故なら、久米田オーナーは、2007年から毎年欠かさず「セレクトセール」に参加しており、昨年も、7月10日(月)~11日(火)に行われた同セールで、計2頭を9288万円(税込)で落札しておりますので。

もちろん、オーナーは、昨年と同様に、今年の「セレクトセール」にも参加する筈ですから、現在は、「セール資金を早い内から稼いでおきたい」と考えているのでしょう。

そして本日は、1着賞金2300万円(馬主の取り分は8割の1840万円)の六甲Sにロジクライを出走させますので、私が久米田オーナーであれば、この馬を預けている須貝先生に対して、メイチの勝負仕上げを指示する筈であり、実際、元調教師の方から届いている最終追い切りに関する報告が、

「21日(水)、坂路に入れられて、4Fが56秒1、終いの1Fは12秒4っちゅう時計を馬なりで出しとりました。馬場が重かったんで、時計は平凡なもんやったけど、最後まで集中して駆け上がっとったし、追い切った後も元気一杯やったから、須貝君の狙い通りに仕上がっとるんでしょうな」

という内容でした。

これらの理由から、私はこの馬を「大いに注目すべき存在」と考えております。

・・・・・・・・・・

「馬主のYさん」から届いた、久米田正明オーナーが六甲Sに出走させるロジクライに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。
スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR