FC2ブログ

「売上高が約83億円のオーナー」が、「若葉Sの勝利」を追求する理由

「特大朗報」です!

「マスコミの取材」が手薄になる「GIレースの一週前」は、
「元JRA馬主」である私にとって「最高の稼ぎ所」です!

そして今週は、私がブ厚く勝負する、
「重賞レースのガチンコ買い目」を「完全無料」で公開します!

詳細はこちら!
↓↓↓↓
★ ここをクリック ★

・・・・・・・・・・

おはようございます。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

ogurindaikan-kuchitori2.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twitterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twitter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

ところで、里見治(はじめ)オーナー(馬主名義はサトミホースカンパニー)の所有馬サトノワルキューレ(牝3歳・角居勝彦厩舎)は、次走の予定が、4月22日(土)のフローラS(東京・芝2000m)となりました。

同馬は、昨年の11月18日(土)の新馬戦(京都・芝1800m)を勝ち上がり、2戦目の梅花賞(京都・芝2400m)は、直線で他馬に寄られる不利もあって3着に敗れましたが、3戦目であった、先週のゆきやなぎ賞(芝2400m)では、牡馬を相手に後方から差し切って、2勝目を飾っております。

サトノワルキューレは、2戦目と3戦目で2400m戦を使われておりますので、5月20日(日)のオークスを目標としたローテーションを組まれているのでしょう。

いつもこのブログを熱心に読んでいる方であれば、よくご存知かと思いますが、里見オーナーは、「セガサミーホールディングス株式会社」(東証1部上場)の代表取締役会長CEOです。

同社は、パチンコ・パチスロの「北斗の拳シリーズ」などで有名な「サミー株式会社」や、ゲームソフトの開発・販売を手掛け、アミューズメント施設の開発・運営では業界最大手の「株式会社セガ」などを傘下としており、2017年3月期に於けるグループ全体の売上高は、「3669億3900万円」という素晴らしい数字を記録しておりました。

したがって、同社を上記のように成長させた里見オーナーのことは、誰もが「日本経済を牽引する重要人物の一人」と認めていることでしょう。

なお、JRA馬主としての里見オーナーは、確か1992年から馬を走らせ始めて、これまでに300頭近くを所有しており、サトノダイヤモンドを出走させた一昨年の菊花賞と有馬記念など、GIレースの5勝を含めて、重賞を24勝しております。

ただ、こられの重賞勝ちは全て牡馬で上げたもので、牝馬ではまだ重賞を勝てておりません。

ですから、現在の里見オーナーは、「そろそろ牝馬でも重賞を勝ちたい」と願っている筈であり、また、フローラSで2着以内に入ればオークスに出られますので、次走に向けて、同馬を管理している角居先生にどのような指示が出ているのかをしっかり見極め、馬券に活かしたいと私は考えております。

そしてここからは、河合純二オーナーが若葉Sに出走させるジュンヴァルロについて、私の頼もしい仲間の一人である「馬主のYさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、河合純二オーナーの本業は、「東武伊勢崎線・新田駅」(埼玉県草加市)のすぐ近くに自社ビルを構え、主に不動産事業と総合建設事業を手掛けている、「リベレステ株式会社」の代表取締役社長です。

同社は、1970年、当時21歳だった河合オーナーが個人事業として立ち上げた「河合組」が起源でして、当初は型枠工事のみを請け負っていたようですが、1977年には、年商が1億円を超えるまでに成長しており、1979年には、社名を「有限会社河合工務店」(資本金300万円)として法人化しております。

その後の同社は、

1981年→総合建設部門を開設
1983年→資本金を1000万円に増資し、「株式会社河合工務店」に組織変更
1984年→宅地建物取引業の免許を取得
1986年→越谷市増森支店を開設
1991年→貸金業免許を取得
1992年→分譲マンション「ベルドゥムール」シリーズの販売を開始
1993年→分譲戸建住宅「ベルフルーブ」シリーズの販売を開始
1998年→各戸温泉付分譲マンション「ベルドゥムール越谷湯元温泉」を発売
1999年→現在の「リベレステ株式会社」へ社名変更

といった形で順調に事業を拡大しながら、「型枠工事業」から「総合建築業」に移行しており、2000年の12月には、「ジャスダック市場への上場」を果たしました。

その後も、2002年には、リゾート分譲マンション「ベルジューレ軽井沢」と、超高層分譲マンション「ベルドゥムールランドマーク秋田」の販売を開始し、2003年には「東京支店」を開設し、2006年には本社を現在の場所(埼玉県草加市)に移転させるなど、順調に規模を拡大し続けております。

更に現在では、不動産業に加えて、福島県の耶麻郡猪苗代町にある「猫魔ホテル猪苗代ゴルフコース」の運営も行うなど、多岐に渡る事業を手掛けており、2017年度5月期の売上高は、「82億8900万円」という素晴らしい数字でしたから、一代で同社を大きく発展させた河合オーナーが、「優秀な経営者」であるのは言うまでもありません。

馬主としての河合オーナーは、2014年からJRAで馬を走らせ始めており、初年度は、出走頭数が少なかったため、「1勝・獲得賞金680万円」という結果でしたが、その後は、

2015年→5勝・獲得賞金7639万円
2016年→6勝・獲得賞金9551万円
2017年→10勝・獲得賞金1億5193万円

という形で順調に成績を伸ばしております。

ただ、今年に入ってから先週までの成績は、「1勝・獲得賞金3031万円」という、決して「順調」とは言えないものですから、現在の河合オーナーは、「賞金の高い特別レースを勝ちたい」と考えている筈です。

また、河合オーナーは、競走馬セールに参加する機会が多く、昨年は、

4月25日(火)の「JRAブリーズアップセール」→3頭を総額1760万4000円で落札
7月10日(月)~11日(火)の「セレクトセール」→3頭を5076万円で落札
7月18日(火)の「HBAセレクションセール」→1頭を2376万円で落札

と、計7頭を総額9212万4000円で落札しております(落札金額は全て税込表記)。

もちろん、昨年の状況を踏まえますと、今年の「競走馬セール」に於いても何頭かを落札する筈ですから、現在の河合オーナーは、「落札資金を早めに稼いでおきたい」とも考えているのでしょう。

そういった中、本日は、1着賞金が1900万円(馬主の取り分は8割の1520万円)の若葉Sにジュンヴァルロを出走させますので、私が河合オーナーであれば、この馬を預けている友道先生に、迷わずメイチの勝負仕上げを指示します。

実際、元調教師の方から届いている最終追い切りについての報告が、

「14日(水)、Cウッドで一杯に追われて、6Fが83秒1、終いの1Fが12秒4っちゅう時計を出しとりました。単走やったけど、力強い走りを見せとったし、追い切った後もどっしりと落ち着いとったから、今回は3ヶ月の休み明けやけど、友道君が力を出せる状態に仕上げてきたんでしょうな」

という内容でした。

これらの理由から、私はこの馬を「大いに注目すべき存在」と考えております。

・・・・・・・・・・

「馬主のYさん」から届いた、河合純二オーナーが若葉Sに出走させるジュンヴァルロに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。

スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR