FC2ブログ

関門橋Sに漂う、静岡からの勝負気配

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
先週の「フェブラリーS」では、
6番人気インカンテーションの激走を見抜き、
3連複6540円を5点で難なく的中!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

そして、本日の「阪急杯」と「中山記念」でも、
「元JRA馬主」の私がブ厚く勝負する
「ガチンコ買い目」
などを確認すれば、難なく馬券長者になれるでしょう!

「阪急杯と中山記念の馬券を取りたい」とお考えの方は、必ずこちらをご覧ください(完全無料)。
↓↓↓↓
★ ここをクリック ★

・・・・・・・・・・

おはようございます。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

ogurindaikankuchitori1mini.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twitterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twitter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

さて、話は変わりますが、現地時間の昨日、オーストラリアのコーフィールド競馬場で行われたG1・「フューチュリティS」(芝1400m)では、日本産馬のブレイブスマッシュ(牡6歳・父トーセンファントム)が勝ちました。

同馬は、「トーセン」の冠名でお馴染みの島川隆哉オーナーが所有している、「エスティファーム」(北海道沙流郡日高町)の生産馬であり、2015年の6月に小笠倫弘厩舎からデビューし、同年のサウジアラビアロイヤルCで初の重賞制覇を飾っておりましたが、昨年の3月、「オーストラリアンブラッドストック社」に売却され、現地のダレン・ウィアー厩舎に移籍しました。

そして今回は、移籍7戦目にして初のG1制覇を果たした上、2着には、同じく日本産馬で、一昨年の4月に「オーストラリアンブラッドストック社」に売却されたトーセンスターダム(牡7歳・父ディープインパクト)が入りましたので、同社の関係者達は、日本産馬に対する評価を大きく高めた筈です。

そしてここからは、内田玄祥(げんしょう)オーナーが関門橋Sに出走させるメイショウフェイクについて、私の頼もしい仲間の一人である「馬主のYさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

内田玄祥オーナーの本業は、静岡県静岡市に拠点を構えている、「医療法人社団・幸のめばえ」の理事長であり、同法人では、

「静岡レディースクリニック」(静岡市葵区日出町)
「静岡両替町歯科クリニック」(静岡市葵区両替町)
「三島レディースクリニック」(三島市南本町)

と、3つの医院を運営しております。

「静岡レディースクリニック」は、長崎大学の医学部を卒業し、岡山大学の大学院(医学研究科)を修了している内田オーナーが、「国立病院東京災害医療センター」や、「国立循環器病研究センター」などでキャリアを積んだ後、婦人科医である律子夫人と二人で2009年に開業しており、現在は、奥様が院長を務めております。

JR静岡駅から徒歩で約5分のところにある同院では、癌の検診や、更年期障害といった女性の総合的な治療はもとより、内田オーナー夫妻が、不妊治療によって子供を授かった経験から、不妊治療に最も力を注いでいるそうです。

タイミング指導、人工授精、体外受精、顕微授精、男性不妊といった様々な医療を提供していることから、静岡県内はもちろんのこと、全国や海外からも多くの患者が治療を受けに来るそうですから、少子化が進む日本に於いて、重要な役割を果たしております。

また、「幸のめばえ」は、上記の医院に加え、静岡県内に5つの保育園を運営している上、今年の5月には、特別養護老人ホームの「きずなの街」(静岡市葵区日出町)をオープンさせる予定ですので、同法人の理事長を務めている内田オーナーは、地域の方から厚い信頼を寄せられていることでしょう。

なお、馬主としての内田オーナーは、2013年からJRAで馬を走らせ始め、これまでに50頭以上を所有しております。

初めの年は、勝利を上げられず、獲得賞金が「305万円」に留まっていたものの、その後は、

2014年→1勝・獲得賞金1115万円
2015年→4勝・獲得賞金6485万円

と、着実に成績を伸ばしておりました。

しかし、過去2年間は、

2016年→2勝・獲得賞金2218万円
2017年→1勝・獲得賞金2585万円

という成績に留まっておりますので、今年の内田オーナーは、「必ず巻き返したい」と考えているでしょう。

実際、今年は、先週までに、「1勝・獲得賞金1535万円」という成績で、昨年のペースを大きく上回っておりますが、オーナーは、この数字に満足せず、今後も貪欲に勝利を追求してくる筈です。

何故なら、内田オーナーは、「競走馬セール」に参加する機会が多く、昨年は

■5月23日(火)の「HBAトレーニングセール」→1頭を378万円で落札
■8月21日(月)~25日(金)の「HBAサマーセール」→計5頭を1922万4000円で落札
■10月2日(月)~4日(水)の「HBAオータムセール」→1頭を324万円で落札

と、計7頭を総額2624万4000円で落札しておりますので。
(落札価格は全て税込)

もちろん、今年の「競走馬セール」にも参加する筈ですから、現在のオーナーは、「セール資金を今の内に稼いでおきたい」と考えている筈です。

そして本日は、1着賞金1820万円(馬主の取り分は8割の1456万円)の関門橋Sにメイショウフェイクを出走させますので、私が内田オーナーであれば、この馬を管理している奥平先生に対して、メイチの勝負仕上げを依頼します。

実際、元調教師の方から届いている最終追い切りについての報告が、

「一昨日、小倉のダートに入れられて、5Fが71秒0、終いの1Fが12秒5という時計を馬なりで出していました。コンスタントに使われていますので、終い重点の軽めの内容でしたけど、力強い脚捌きでキビキビ走れていましたし、追い切った後も活気がありましたので、好調をキープしていると思いますよ」

という内容でした。

これらの理由から、私はこの馬を「大いに注目すべき存在」と考えております。

・・・・・・・・・・

「馬主のYさん」から届いた、内田玄祥オーナーが関門橋Sに出走させるメイショウフェイクについて関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。
スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR