安田記念で今年の初勝利を飾るため

こんにちは。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

bajji3mini.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twiiterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twiiter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

ところで、栗東の仲間によると、「千代田牧場の1/10オーナーズ」の所有馬タレンティドガイ(牡2歳・父クロフネ、母ライジングサンデー・高野友和厩舎)は、26日(金)のゲート試験を一発で合格しております。

「千代田牧場の1/10オーナーズ」は、JRA個人馬主資格の所有者を対象にし、1頭の馬を10口に分けて共有するシステムを採用しているところです。

また、「千代田牧場の1/10オーナーズ」の馬は、ほぼ、牧場の社長を務める飯田正剛オーナーの名義で走っております。

タレンティドガイは、2010年のファルコンSや、2014年の新潟ジャンプSを勝ったエーシンホワイティ(父サクラバクシンオー)の半弟という血統で、一口162万円の総額1620万円で募集された馬です。

この馬に出資した馬主達は、ゲート試験に合格した報告を受けて、まずは、一安心しているのでしょう。

そしてここからは、星野壽市(じゅいち)オーナーが安田記念に登録しているヤングマンパワーについて、私の頼もしい仲間の一人である「馬主のOさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、星野壽市オーナーの本業は、群馬県高崎市に本社を構えている「三栄商事株式会社」の代表取締役社長です。

1964年、高崎市の堰代町(せきしろちょう)に於いて、「鉄スクラップの加工処理」を目的として創業された同社は、3年後の1967年には、事業拡大のため、高崎市高関町に本社を移転し、その後も業績が順調であったことから、1980年には現在の場所に本社を移転しております。

そして1984年には、関連会社の「株式会社サンジョウ」を設立し、最近の同社グループにとって「事業の大きな柱の一つ」となっている、「住宅基礎鉄筋ユニット」の製造を開始しました。

2006年には、ベトナムの「ダナン国際空港」の近くに、関連会社の「サンエイベトナム」を設立しており、現在は、「本社工場」に加えて、そのすぐ近くに「倉賀野工場」を、群馬県佐波郡に「玉村工場」を、高崎市高関町に「高関工場」を有し、100名以上の従業員を雇用しているのですから、代表取締役社長を務める星野オーナーは、「非常に優秀な経営者」と言えるでしょう。

また同社は、毎年、8月に行われる「高崎まつり大花火大会」(観覧者数・約70万人)や、12月に行われる「榛名湖イルミネーションフェスタ」(同・約13万人)など、群馬県内のイベントに協賛を続けておりますので、星野オーナーのことを、多くの方が「尊敬すべき地元の名士」と考えている筈です。

そして、馬主としての星野オーナーは、確か1998年からJRAで馬を走らせ始めており、これまでに50頭以上を所有し、その中の代表的な存在としては、2013年の桜花賞を制したアユサンと、一昨年のアーリントンCや昨年の関屋記念と富士Sなどを制しているヤングマンパワーが挙げられるでしょう。

2013年の星野オーナーは、アユサンの活躍などにより、過去最高の「2億0281万円」という賞金を獲得しておりました。

しかし、アユサンは、2014年のダービー卿CTに出走した後、ヴィクトリアマイルを目指していたものの、脚部不安を発症してしまい、競走馬登録を抹消され、その後は生まれ故郷の「下河辺牧場」で繁殖入りしております。

これが影響したのか、一昨年までの2年間は、
2014年→獲得賞金3072万円(3勝)
2015年→獲得賞金7341万円(1勝)
と、賞金が2013年の半分以下となっておりましたので、昨年の星野オーナーは、「必ず巻き返したい」と願っていた筈です。

実際、昨年は、ヤングマンパワーで、関屋記念と富士Sを制しましたが、他の馬があまり活躍できなかったため、最終的な成績は、「獲得賞金1億4176万円」(5勝)と、2013年の賞金を超えられませんでしたから、星野オーナーは、「今年こそ、2013年の数字を上回りたい」と考えているのでしょう。

また、星野オーナーは、2014年まで、「競走馬セール」に参加する機会が少なかったのですが、一昨年から積極的に参加しており、過去2年の「セレクトセール」に於いて、
2015年→2頭を5724万円で落札
2016年→1頭を3132万円で落札
と、計3頭を総額8856万円で落札しておりました(金額は全て税込)。

そして、過去2年を踏まえると、オーナーは、7月10日(月)~11日(火)に行われる今年の「セレクトセール」に参加する可能性が高く、私がオーナーでしたら、「セール資金を潤沢にするため、賞金の高いレースを勝ちたい」とも考えるでしょう。

しかし、今年に入ってから先週までは、まだ勝てていませんし、獲得賞金も「1621万円」に留まっております。

よって、1着賞金1億0300万円(馬主の取り分は8割の8240万円)の安田記念にヤングマンパワーを登録している今週は、私が星野オーナーであれば、「GIで今年の初勝利を上げて一気に稼ぎたい」と考え、この馬を管理している手塚先生に対して、お釣りを残さないメイチの勝負仕上げをお願いする筈です。

・・・・・・・・・・

「馬主のOさん」から届いた、星野オーナーが安田記念に登録している、ヤングマンパワーに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。



スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR