Yオーナーが、好調でもダービー卿CTに全力を注ぐ根拠とは…

こんにちは。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

bajji3mini.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twiiterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twiiter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

ところで、六甲Sを制した神田紘爾(こうじ)オーナーの所有馬アスカビレンは、次走の予定が、5月14日(日)のヴィクトリアマイルとなりました。

神田オーナーは、「小椋佳」という名前で活躍しているシンガーソングライターでして、これまでの主な実績としては、
1975年→作詞作曲を手掛けた「シクラメンのかほり」(歌・布施明)が「日本レコード大賞」を受賞
1983年→作詞作曲を手掛けた「夢芝居」(歌・梅沢富美男)が「日本レコード大賞作詞賞」を受賞
1986年→故・美空ひばりさんの代表曲の一つ、「愛燦燦」の作詞作曲を手掛ける
などが挙げられるでしょう。

ちなみに、1967年に東京大学の法学部を卒業している神田オーナーは、同年に「第一勧業銀行」(現みずほ銀行)に入行しており、それ以降は、「証券部の証券企画次長」、「浜松支店の支店長」などを歴任し、1993年に同行を退職するまでは、「シンガーソングライターと銀行員」という二足のわらじを履いておりました。

また、馬主としての神田オーナーは、確か2000年からJRAで馬を走らせており、これまでに30頭ほど所有しておりますが、まだ一度も重賞を勝てておりませんので、当然ですが現在は、「初の重賞勝ちをGIで飾りたい」という思惑を抱いているのでしょう。

そしてここからは、山元哲二オーナーがダービー卿CTに出走させるダンツプリウスについて、私の頼もしい仲間の一人である「馬主のYさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、山元オーナーの本業は、JR指宿枕崎線と鹿児島市電の「南鹿児島駅」のすぐ近くにある「山元ビル」を拠点として、名前の通り、主に建設関連の業務を手掛けている「山元建設興業株式会社」と、主にタクシーによる観光案内を手掛けている「株式会社山元交通」の代表取締役社長です。

この2社の拠点は、「JR指宿枕崎線」と「鹿児島市電」が通っている「南鹿児島駅」のすぐ近くにある、「山元ビル」の中にあり、「株式会社山元交通」は、本社ビルを含めて、鹿児島市内に7ヶ所の営業拠点を持ち、観光客や地元の方々の足として、非常に重宝されているそうであり、尚且つ、鹿児島を代表する観光スポットの「桜島」や、温泉地として有名な「指宿(いぶすき)市」や「霧島市」といった、近隣のタクシー観光サービスも提供しておりますので、「地域に欠かせない存在」と言えるでしょう。

更に同社は、スマートフォンやタブレットの専用アプリ・「全国タクシー配車」に、県内で初めて参入していた上、一昨年の2月からは、国内で6500万人以上が利用しているコミュニケーションツール、「LINE」の中で提供されているサービス、「LINE・TAXI」にも対応しておりますので、このように、利用客のニーズに素早く対応している山元オーナーは、「時代の変化に敏感な、尊敬すべき経営者」と言える筈です。

そしてJRA馬主としての山元オーナーは、キャリアが30年以上に及んでいる大ベテランで、これまでに400頭近くを所有しており、過去の代表的な存在としては、1995年の宝塚記念を勝ったダンツシアトルや、1998年のシンザン記念とチューリップ賞を勝ったダンツシリウスや、2002年の宝塚記念を勝ったダンツフレームや、2004年のアメリカJCCを勝ったダンツジャッジや、2005年の青葉賞を勝ったダンツキッチョウや、2008年のアーリントンCを勝ったダンツキッスイなどが挙げられるでしょう。

一昨年の山元オーナーは、ダンツミュータントで京都ジャンプSを制し、2008年のアーリントンC以来となる重賞勝ちを飾り、「獲得賞金2億0337万円」(14勝)という数字を残していた上、昨年も、ダンツプリウスでニュージーランドTを制したことにより、「2億22156万円」(10勝)という数字を残しております。

しかし、山元オーナーは、先週までの数字に満足することなく、今週以降も貪欲に勝利を追求してくる筈です。

何故なら、山元オーナーは、これまで毎年のように多くの競走馬セールに参加しており、昨年も、
□4月26日(火)の「JRAブリーズアップセール」→1頭を270万円で落札
□7月19日(火)の「セレクションセール」→3頭を4968万円で落札
□8月22日(月)~26日(金)の「HBAサマーセール」→3頭を2160万円で落札
□10月3日(月)~5日(水)の「HBAオータムセール」→4頭を2829万円で落札
と、計11頭に総額1億0227万円を投じておりますので(金額は全て税込表記)。

当然、今年のセールでも多くの馬を落札する筈ですから、現在の山元オーナーは、「潤沢な資金でセールに参加するため、今の内から多くの賞金を稼いでおきたい」とも考えているのでしょう。

そのような中、今週は、1着賞金3900万円(馬主の取り分は8割の3120万円)のダービー卿CTにダンツプリウスを出走させますので、私が山元オーナーの立場であれば、この馬を預けている山内先生に対して、迷わず「渾身の勝負仕上げ」をメイチの勝負仕上げを依頼する筈です。

そこで、元調教師の方に最終追い切りの様子を確認したところ、

「一昨日、坂路で一杯に追われて、4Fが51秒7、終いの1Fが12秒5っちゅう時計を出しとりました。併せたトウシンイーグル(障害未勝利)を楽々と突き放しとりましたし、追い切った後もどっしりと落ち着いとりましたから、この前の大阪城Sの時よりもデキは確実に上向いとるし、力を出し切れる状態に仕上がっとるでしょうな」
という内容でした。

これらの理由から、私はこの馬を「大いに注目すべき存在」と考えております。

・・・・・・・・・・

「馬主のYさん」から届いた、山元オーナーがダービー卿CTに出走させる、ダンツプリウスに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。


スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR