顧客層の注目を集めるため、京王杯2歳Sを勝って…

こんばんは。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

bajji2mini_20120104172115.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twiiterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twiiter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

話は変わりますが、明日に、オーストラリアのフレミントン競馬場では、同国最大のG1レース・「メルボルンC」(芝3200m)が行われ、日本からは、カレンミロティックが出走します。

同馬は、昨年の天皇賞・春で3着、今年の同レースで2着と、長距離のGIで好走していますので、「メルボルンCでも通用する筈」と、陣営は考えているのでしょう。

また、日本馬が「メルボルンC」を制したのは、2006年のデルタブルースのみとなっておりますので、カレンミロティックには、10年振りの勝利を期待したいところです。

ちなみに、出走時間は、日本時間の13:00(現地時間の15:00)を予定しております。

・・・・・・・・・・

さて先週は

アルテミスS→3連単5670円を5点で的中

ルミエールオータムD→馬連12170円を5点で的中

カシオペアS→3連複8540円を5点で的中

魚沼特別→3連複3120円を4点で的中

という好結果を残し、十分な利益を得ることができたものの、スワンSと天皇賞・秋を取りこぼしてしまいました。

この2戦が不的中になってしまった悔しさは、私にとって、ゴール直前で持ち馬が交わされ、レースに負けてしまった時と同じようなものです。

そこで私は、「京王杯2歳S」や「ファンタジーS」や「みやこS」や「」を筆頭とした今週のレースに対して、先週までよりも更に力を入れて情報収集にあたっており、今回は、既に得ている情報の中から、一口馬主クラブの「ライオンレースホース」が京王杯2歳Sに登録しているレヴァンテライオンについて、私自身の見解をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

一口馬主クラブ・「ライオンレースホース」の前身は、2006年の神戸新聞杯を勝ったドリームパスポートや、2012年の函館スプリントSや2014年のJBCスプリントなどを勝ったドリームバレンチノなどでお馴染みだった「セゾンレースホース」です。

ちなみに、「セゾンレースホース」の前身が「日信レースホース」であり、私がその代表を務めていたことは、改めてご説明するまでもないでしょう。

クラブの名称が「セゾン」から「ライオン」に変更された理由は、自動車関連の様々な事業を手掛けている、「株式会社ジーライオン」の代表取締役社長であり、JRAの馬主でもある田畑利彦オーナーが、昨年、同クラブの権利を取得したからで、それからは、「ライオンレースホース」の代表をご家族の田畑マヤさんが、同クラブの愛馬会法人である「サラブレッドクラブライオン」の代表を田畑利彦オーナーが務め、「ライオン」の冠名で所属馬を走らせております。

よって、田畑利彦オーナーの所有馬と「ライオンレースホース」の馬が同じレースに出走してきた場合、「実質的に複数出し」と考え、「どちらで勝ちにきているのか」を慎重に見極める必要があります。

同クラブに於いて、過去の代表的な存在としては、先ほど名前を挙げたドリームパスポートとドリームバレンチノに加え、2002年の日経新春杯念を制したトップコマンダーや、2008年のシンザン記念を制したドリームシグナルなどが挙げられるでしょう。

前身の「セゾンレースホース」の名義で所有馬を走らせていた2012年は、「24勝・獲得賞金4億1444万円」という成績を残しておりましたが、その後の3年間は、
2013年→9勝・獲得賞金2億4733万円
2014年→5勝・獲得賞金1億1726万円
2015年→7勝・獲得賞金9297万円
と、大きく成績を落としておりました。

そして、田畑オーナーが、最初から経営に携わっている今年は、レヴァンテライオンが函館2歳Sを勝ち、「ライオンレースホース」となってからは初の重賞制覇を果たし、それを含めて先週までに、「12勝・獲得賞金2億1394万円」と、既に昨年を上回る成績を残しております。

それでも、2012年のおよそ半分という成績ですから、今週以降も同クラブは、更なる勝利数と賞金の上乗せに全力を注いでくるでしょう。

また、「ライオンレースホース」は、10月28日(金)に「2016年度募集馬」(現1歳世代)のラインナップ(計14頭)を発表し、11月14日(月)から出資受付を開始します。

よって、現在は関係者全員が、「初期段階での出資を増やせるよう、過去の募集馬を注目度の高い重賞で活躍させたい」と強く願っていることでしょう。

そして今週、同クラブは、1着賞金3800万円(馬主の取り分は8割の3040万円)の京王杯2歳Sにレヴァンテライオンを登録しておりますので、元調教師の方には、最終追い切りの内容などを念入りに確認していただきたいと私は考えております。

・・・・・・・・・・

「ライオンレースホース」が京王杯2歳Sに登録しているレヴァンテライオンについての報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。
スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR