スプリンターズSを国内のラストランに決めた某オーナーの思惑

こんにちは。
元JRA馬主で、現在は「ホースマンサミット」の「馬主情報部」で副部長を務めている、小栗範恭(のりやす)でございます。

bajji60anv.jpg


応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

下の動画は、私の持ち馬だったオグリンダイカンが、1992年4月4日(土)に「千葉日報杯」を勝った時のものです。

この日は、桜花賞の一週前だったことから、桜が満開だった中山競馬場で、オグリンダイカンは鮮やかに勝ってくれました。

レースの模様は、動画の中でご確認ください。


さて、話は変わりますが、イーストスタッド(北海道浦河郡浦河町)は、昨年と今年のプロキオンSや、昨年の地方交流重賞・南部杯などを制したベストウォーリアの父として知られている、マジェスティックウォリアー(牡10歳・父エーピーインディ)を、11月から種牡馬として迎えることを発表しました。

この馬は、アメリカで2007年にデビューしており、初戦を難なく勝利すると、2戦目には早くも同国のGI・ホープフルSを見事に制しております。

その後は、2009年に現役を引退し、アメリカのアッシュフォードスタッドで種牡馬として繋養されており、この馬の産駒にはベストウォーリアの他に、

■プリンセスオブシルマー
主な勝ち鞍:2013年のケンタッキーオークス(GI)・同年のCCAオークス(GI)

■デクランズウォリア
主な勝ち鞍:2013年のベイショアS(GIII)

といった馬達が活躍しております。

そして、日本でのマジェスティックウォリアーのシンジケートは既に組まれていて、総額5億2800万円(1株880万円)となっており、種付け料は200万円前後を予定しているそうです。

日本には「サンデーサイレンス系」の種牡馬や、繁殖牝馬が数多くいますから、サンデーサイレンスの血が入っていないマジェスティックウォリアーに対する期待は大きい筈です。

そしてここからは、廣崎利洋オーナーがスプリンターズSに登録しているストレイトガールについて、私の頼もしい仲間の一人である「馬主のMさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、廣崎オーナーの本業は、大阪市中央区に「本店」を、東京千代田区三番町に「東京本社」を構え、商業施設のプロデュースなどを行っている、「株式会社アスクプランニングセンター」の代表取締役です。

1970年に甲南大学を卒業した廣崎オーナーは、その後、イタリアの総合事務機器メーカー・「日本オリベッティ」(現:NTTデータジェトロニクス)に3年間ほど勤めた後、1973年に同社を創業しており、同社がこれまでに手掛けた主な施設には、日本初のファッションビルとして、福岡市の天神に1号店がオープンした「ビブレ」や、完成当時、西日本最大の規模を誇った商業施設の「アルパーク」(広島市西区)や、銀座にある「シャネル」(東京都中央区)や、お台場にある「大江戸温泉物語」(東京都港区)などが挙げられるでしょう。

そして、最近では国内に於いて、
□「北海道・千歳プロジェクト」→約80万坪の規模を誇るゴルフ場や観光施設を備えた「インターナショナルリゾート」を計画中
□「徳島県・鳴門プロジェクト」→約34000坪のマリーナを備えた中心に「メディカル&リゾート」を計画中
□「千葉県・富津プロジェクト」→日本を代表する規模の「ソーラーパーク(太陽光発電所)」などを計画中
などを推し進めております。

また、同社は、中国の北京と上海にも営業拠点を有しており、同国に於いても、グループが所有している広大な茶畑に「動漫(中国語で漫画やアニメやゲームの総称)をテーマにした街づくりを計画している「中国“動漫(文化創意)新城”プロジェクト」を推し進めておりますので、同社を率いている廣崎オーナーは、「業界の先駆者」と言える筈です。

なお、JRA馬主としての廣崎オーナーは、確か1989年から馬を走らせ始めており、過去の代表的な存在としては、2007年の日経賞を制し、2009年と2010年のアメリカJCCを連覇したネヴァブションや、2000年のクイーンCを制したフューチャサンデーなどが挙げられ、現役の代表的な存在としては、昨年のシルクロードSと今年のヴィクトリアマイルを制したストレイトガールと、今年の桜花賞を制したレッツゴードンキが挙げられるでしょう。

昨年の廣崎オーナーは、重賞1勝を含む7勝を上げ、2億4298万円の賞金を獲得しており、今年に入ってから先週までは、重賞2勝を含む7勝を上げ、3億1735万円の賞金を獲得と、早くもこれまでで最高の数字を残しております。

しかし、私は廣﨑オーナーが、先週までの好成績に満足せず、ストレイトガールを登録している今週のスプリンターズSを、全力で勝ちにくると見ております。

何故ならストレイトガールは、今年いっぱいで引退して繁殖入りする予定となっており、次走は恐らく12月の香港スプリントとなるため、スプリンターズSが「国内でのラストラン」となる可能性が非常に高いのですから。

よって、私が廣崎オーナーの立場であれば、「ここで大きく稼いでおきたい」と考え、管理している藤原英昭先生に対して、メイチの勝負仕上げを指示するでしょう。


・・・・・・・・・・

なお、既に何度もお伝えしている通り、私の頼もしい仲間の一人である、「元JRA調教師の山田要一」も、私と同じように、ブログで様々な情報を公開しておりますので、こまめに確認しておけば、間違いなく馬券の参考になる筈です。

そこで、「馬券で大きな利益を得たい」と考えている方には、毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきましょう。

【 元JRA調教師・山田要一のブログ 】

本日は以上です。

小栗範恭でした。


スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR