新潟記念と札幌2歳Sに計4頭を登録した、某クラブの思惑とは

こんばんは。
元JRA馬主で、現在は「ホースマンサミット」の「馬主情報部」で副部長を務めている、小栗範恭(のりやす)でございます。
oguri-kane-terebi-syukushou.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

下の映像は、私の持ち馬・アルザスが1993年5月8日(土)のレースを勝った時のものです。



このレースでアルザスに騎乗していたのは、先週の「ワールドオールスタージョッキーズ」に急遽参戦することとなった、「あの名手」でした。

果たして、アルザスに騎乗していたのは…

その答えは、動画の中で確認できます。

・・・・・・・・・・

先週は、残念ながらBSN賞と新潟2歳Sを取りこぼしてしまったものの、他のレースを舞台に、

キーンランドC→馬連30690円を5点で的中

小倉日経オープン→馬連3690円を5点で的中

釜山S→馬連14110円を5点で的中

ワールドオールスタージョッキーズ第2戦→馬連3710円を5点で的中

という好結果を残し、十分な利益を得ることができました。

なお、上記のレースの中で、特大の万馬券を的中させたキーンランドCについては、

□ウキヨノカゼ(8番人気1着)

※8月24日(月)のブログ

「國分オーナーの本業は、北海道北見市に拠点を構えている、【医療法人社団・美久会(びきゅうかい)】の理事長です」

「また、馬主としての國分オーナーは、確か2005年からJRAで馬を走らせていて、これまでに30頭近くを所有しており、その中の代表的な存在としては、一昨年のクイーンCを制し、オーナーに初の重賞勝ちをもたらしたウキヨノカゼが挙げられます」

「同馬の活躍により、一昨年の國分オーナーは、これまで最も多い【1億1510万円】の賞金を獲得しておりました」

「ただ昨年は、賞金の高い重賞を勝てなかったことが影響し、一昨年の6割にも満たない【6539万円】に留まっていましたから、今年の國分オーナーは、【一昨年のように多く賞金を獲得したい】と強く願っている筈です」

「そして実際、今年に入ってから先週までは、【7394万円】の賞金を獲得しており、早くも昨年を上回っておりますが、國分オーナーは、この状況に決して満足していないことでしょう」

「何故なら、先ほど記した通り、一昨年のクイーンCをウキヨノカゼで制しておりますが、それから現在まで、2年半近くも重賞を勝てていないのですから」

「当然、現在の國分オーナーは、【久々に重賞を勝ちたい】と強く願っている筈であり、今週は、キーンランドCにウキヨノカゼを登録してきましたので、この馬を管理している菊沢先生に対しては、國分オーナーが、メイチの勝負仕上げを指示している可能性が高いと見ておくべきでしょう」

□トーホウアラポーマ(9番人気2着)

※8月30日(日)のブログ

「【トーホウ】の冠名で馬を走らせている【東豊物産株式会社】は、愛知県岡崎市に本社を構え、自動車部品の製造や販売などを手掛けております」

「なお、JRAの馬主としては、1990年代の前半まで、【東豊物産株式会社】の代表取締役を務めている、高橋照夫氏の個人名義で馬を所有しておりましたが、確か1996年の6月頃から、現在と同じ法人の名義で馬を所有するようになっておりまし」

「【東豊物産】は、2008年の京都大賞典から、5年半以上も重賞を勝てずにいましたが、昨年は、CBC賞をトーホウアマポーラが制し、重賞の連敗を止められた上、トーホウジャッカルで菊花賞を制し、初のGI勝ちを飾っておりますので、この2点に関しては、関係者達が大いに満足している筈です」

「昨年の同社は、ただいま記した重賞2勝などにより、【2億9850万円】の賞金を獲得しておりました」

「しかし、今年に入ってから先週までの同社は、平場の1勝しか上げられていないため、獲得賞金が【4947万円】に留まっておりますので、現在は関係者全員が、【賞金の高い重賞を勝ち、一気に巻き返したい】と強く願っている筈です」

「また、同社は、7月21日(火)に行われた今年の【HBAセレクションセール】に於いて、計4頭を総額6696万円(税込)で購入しており、この金額は、先述した【今年の獲得賞金】を上回っております」

「そのため、現在は同社の関係者全員が、【セールで使った資金を早急に回収したい】とも願っていることでしょう」

「そして今週は、1着賞金4000万円(馬主の取り分は8割の3200万円)のキーンランドCにトーホウアマポーラを出走させますので、私が【東豊物産】の関係者であれば、この馬を預けている高橋亮先生に対して、間違いなくメイチの勝負仕上げを指示しますし、元調教師の方から聞いた最終追い切りに関する報告が、
【26日(水)に函館のウッドで、全身を大きく使った躍動感のある動きを見せていましたね。完全に馬なりでしたから、全体が57秒8、終いが13秒8と、時計は目立たないものでしたけど、付くべきところに筋肉が付いて、申し分のない状態に見えましたから、力を出し切れると考えていいでしょう】
というものでしたから、好レースが期待できると見ております」

という形で、「本物の競馬関係者ならではの見解」を包み隠さず紹介しておりました。

よって、このブログをお読みになっていた方は、私と同じように、キーンランドCでは、難なく特大万馬券を取れた筈であり、当然、私が入手している情報の正確さを、改めて強く実感できたことでしょう。

もちろん、このブログでは今後も、上記のような有益な情報を可能な限り詳しく公開してまいりますので、大いにご期待いただきたいと存じます。

さて、ここからは、新潟記念にアーデントとアルフレードとアヴニールマルシェを、札幌2歳Sにプロフェットを登録している一口馬主クラブの「キャロットファーム」について、現時点に於ける「私自身の見解」をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

「キャロットファーム」の愛馬会法人・「キャロットクラブ」の代表を2008年から務めている手嶋龍一氏は、かつてNHKに所属しており、1997年からはそのワシントン支局長を務め、2001年にアメリカで「9・11同時多発テロ事件」が起こった際には、11日間に渡った「24時間中継」を担当しており、2005年にNHKを退局した後は、外交ジャーナリストとして活動しながら、2006年に出版した「ウルトラ・ダラー」(新潮社)が33万部のベストセラーとなるなど、作家として非常に高い評価を受けております。

ちなみに、一般的にはあまり知られておりませんが、手嶋氏の執筆場所は、同氏が「永遠の親友」と呼ぶ、吉田勝己オーナーが代表を務めている「ノーザンファーム」の中にあり、「千歳空港から僅か15分ほど」という立地や、牧場の景色を見てリフレッシュできる環境を、手嶋氏はとても気に入っているそうで、素晴らしい執筆場所を提供してくれた勝己オーナーには、とても感謝しているそうです。

また、手嶋氏は、「立命館大学」で客員教授として、「メディアのあり方」、「ジャーナリストの流儀」といった講義を行い、後進の指導にも尽力しており、「静岡芸術文化大学」の参与も務めております。

更に手嶋氏は、日曜の朝に放送されている「シューイチ」(日本テレビ系列)や、平日の昼に放送されている「情報ライブ・ミヤネ屋」(読売テレビ系列)や、平日の朝に放送されている「スッキリ!!」(日本テレビ系列)といったテレビ番組にコメンターとして出演しておりますので、「賞賛すべき多才な人物」と言えるでしょう。

また、活躍したと言えば、昨年の「キャロットファーム」にも当てはまります。

何しろ昨年の同クラブは、ハープスターが桜花賞と札幌記念とチューリップ賞を制し、エピファネイアがジャパンCを制するなど、「重賞12勝を含む121勝・獲得賞金30億6028万円」という素晴らしい成績を残し、初めて「馬主リーディング1位」となっていたのですから。

ただ、今年に入ってから先週までは、重賞で「55戦3勝」という成績に留まっていることが影響し、先週までの獲得賞金は「15億5980万円」と、既に8月を終えたにも関わらず、昨年の約5割となっておりますので、現在はクラブの関係者全員が、「賞金の高い重賞レースや特別レースを多く勝ちたい」と強く願っていることでしょう。

また、同クラブは、全部で81頭いる「2015年度募集馬」(現1歳世代)について、明日から「1次募集」を開始しますので、現在はクラブの関係者全員が、「初期段階での出資者増加に繋げられるよう、過去の募集馬をできる限り活躍させたい」とも願っている筈です。

そして「キャロット」は今週、1着賞金4000万円(馬主の取り分は8割の3200万円)の新潟記念にアーデントとアルフレードとアヴニールマルシェを登録し、1着賞金3000万円(同2400万円)の札幌2歳Sにプロフェットを登録するなど、4頭を登録してきましたので、「揃って勝負懸かり」と私は考えております。

・・・・・・・・・・

なお、既に何度もお伝えしている通り、私の頼もしい仲間の一人である、「元JRA調教師の山田要一」も、私と同じように、ブログで様々な情報を公開しておりますので、こまめに確認しておけば、間違いなく馬券の参考になる筈です。

そこで、「馬券で大きな利益を得たい」と考えている方には、毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきましょう。

【 元JRA調教師・山田要一のブログ 】

本日は以上です。

小栗範恭でした。


スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR