宇治から漂う某オーナーの思惑

おはようございます。
元JRA馬主で、現在は「ホースマンサミット」の「馬主情報部」で副部長を務めている、小栗範恭(のりやす)でございます。
umanushishou8minibokashi.jpg

下記のランキング内では、「本日の推奨馬」を公開しておりますので、興味をお持ちの方には、必ず確認することを推奨しておきます。

京都9R・梅花賞の推奨馬
【FC2ブログランキング】

東京10R・クロッカスSの推奨馬
【人気ブログランキング】

東京12R・4歳上1000万下の推奨馬
【競馬ブログランキング】

・・・・・・・・・・

今回はまず初めに、私の所有馬オグリンラスカルが勝った、1991年の9月14日(土)のレース動画をご覧ください。



この日は雨が降ったり止んだりと一日中はっきりしない空模様でしたが、オグリンラスカルが出走した6Rの時は、雨は上がっていました。

馬場状態(ダート)は不良との発表だったため、馬体重が増えた時でも430キロ前半と、牡馬の割りに小さかったこの馬にとって、「脚抜きの良い馬場はプラス材料」と思い、期待を高めていましたが、見事にその期待に応えて、初勝利を飾ってくれたのです。

ただ、最後の直線では、「関東のT騎手」が乗った馬が競りかけた場面もありましたので、少しヒヤリとしましたが。

詳しくは、動画をご覧ください。

そしてここからは、前原敏行オーナーが本日の京都メイン・北山Sに出走させる、エクストラゴールドについて、私の頼もしい仲間の一人である「馬主のYさん」が連絡してきた内容を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

前原オーナーの本業が、京都府宇治市に本社を構え、一戸建て住宅の分譲や、注文住宅の設計と施工や、建替リフォームなどを手掛けている、「株式会社ホームズ」の代表取締役であるのは、小栗さんもよくご存知のことでしょう。

同社は、1998年に分譲事業を開始してから、10年間で800区画以上の累計分譲数を記録するなど、既に十分な実績を残している上、現在も、京都府を中心に、
「ホームズタウン陽光ヒルズ」(京田辺市薪堀切谷)・全65区画
「ホームズタウンリーヴァ京阪淀」(久世郡久御山町)・全45区画
「ホームズタウン三山木駅前Ⅲ」(京田辺市三山木田中)・全15区画
「ホームズタウン地下鉄石田駅」(京都市伏見区石田内里町)・全12区画
「ホームズタウン京田辺一休ヶ丘」(京田辺市田辺狐川)・全10区画
などの「分譲受け付け」を行っておりますので、代表取締役としてこれらの事業を取り仕切っている前原オーナーは、「関西の不動産業界に於ける重要人物」と言える筈です。

また、馬主としての前原オーナーは、確か2010年からJRAで馬を走らせており、現在までに20頭以上を所有しております。

そして、初めの3年間は、
2010年→1勝・獲得賞金681万円(馬主の取り分は8割の544万円)
2011年→1勝・獲得賞金2590万円(同2072万円)
2010年→2勝・獲得賞金2122万円(同1697万円)
という成績でしたが、過去2年は、
2013年→3勝・獲得賞金4447万円(同3557万円)
2014年→2勝・獲得賞金5939万円(同4751万円)
という形で大きく数字を伸ばしているものの、恐らく前原オーナーは、過去2年の数字を「満足」とは考えていない筈です。

何故なら前原オーナーは、一昨年と昨年の「セレクトセール」に於いて、
□2013年
「エリモエクセルの2013」(牡・父ヴィクトワールピサ)を4600万円で購入するなど、計3頭を1億0100万円で購入
□2014年
「ヒラボクガールの2014」(牡・父クロフネ)を1400万円で購入するなど、計2頭を2400万円で購入
と記せば分かる通り、総額1億2500万円を使っておりますが、過去2年、前原オーナーが実際に獲得している賞金は、「3557万円(2013年)+4751万円(2014年)=8308万円」というもので、この間に「セレクトセール」で使った金額を、4000万円近くも下回っているのですから。

そこで、今年を迎えるにあたって前原オーナーは、「セレクトセールで使った資金の回収を早急に終えるため、前半から多くの賞金を獲得したい」と考えていた筈であり、実際、今年に入ってから先週までは、「4戦1勝2着1回3着1回」という成績を残し、早くも2680万円の賞金を獲得しております。

そして今週、1着賞金1820万円(馬主の取り分は8割の1456万円)の北山Sをエクストラゴールドで勝てば、「過去2年のセレクトセールで使った資金の回収」を、ほぼ完了できることとなるのです。

よって、私はエクストラゴールドを、早い段階から「勝負懸かり」と見ていましたし、元調教師の方から聞いた最終追い切りに関する報告も、
「一昨日、Cウッドでヤマニンカヴァリエと併せて、全体が83秒7、終いが12秒3っちゅう時計を出しとりました。馬場が渋っとって、完全に馬なりやったことを考えれば、時計はこれで十分なんやろうし、2秒7も先行しとった相手に、力強い脚捌きで追い付いとりましたんで、文句なしのデキと見てええでしょうな」
という内容でした。

これらの理由から、私はこの馬を「大いに注目すべき存在」と見込んでおります。

・・・・・・・・・・

なお、既に何度もお伝えしている通り、私の頼もしい仲間の一人である、「元JRA調教師の山田要一」も、私と同じように、ブログで様々な情報を公開しておりますので、こまめに確認しておけば、間違いなく馬券の参考になる筈です。

そこで、「馬券で大きな利益を得たい」と考えている方には、毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきましょう。

【 元JRA調教師・山田要一のブログ 】

本日は以上です。

小栗範恭でした。
スポンサーサイト
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR