昨年と同じスケジュールで…

こんにちは。
元JRA馬主で、現在は「ホースマンサミット」の「馬主情報部」で副部長を務めている、小栗範恭(のりやす)でございます。

bajji60anv.jpg

10月5日(日)に行われる「凱旋門賞」の総賞金が、昨年までの480万ユーロ(約6億8000万円)から、20万ユーロ増額され、500万ユーロ(約7億円)になることが決まりました。

2007年以前は200万ユーロだった「凱旋門賞」の賞金は、【FC2ブログランキング】がスポンサーとなってから、上昇し続けており、2008年は400万ユーロ、2013年は480万ユーロ、今年は前文で記した通りの500万ユーロとなっており、2018年にはに530万ユーロまで引き上げられ予定となっているそうです。

今年の「凱旋門賞」には、【人気ブログランキング】オーナーのキズナや、キャロットファームのハープスターをはじめ、【競馬ブログランキング】オーナーのゴールドシップ、大和屋暁オーナーのジャスタウェイ、東京ホースレーシングのレッドリヴェールなどが、既に一次登録を済ませています。

このレースを勝つことは「日本馬」にとって悲願であり、勝つこと自体にとても価値があると思いますが、4億円を超える1着賞金も魅力的と言えるでしょう。

そして今回は、一口馬主クラブ・「株式会社ウイン」が、天皇賞・春に登録しているウインバリアシオンについて、私自身の見解を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、少し前まで、同クラブの愛馬会法人・「ウインレーシングクラブ」の取締役を務めていた大迫基弘氏と大迫正善氏は、「ゼンノ」の冠名を用いている大迫久美子オーナーのご家族ですから、その当時は、「ゼンノ」と「ウイン」の馬が同じレースに出走してきた場合、「実質的に複数出し」と考え、「どちらで勝ちにきているのか」を慎重に検討する必要がありました。

しかし、一昨年の秋に新体制となってから、「株式会社ウイン」の代表は、「マイネル軍団の総帥」こと岡田繁幸オーナーの三男・義広氏が務めておりますので、以前とは違う見方をする必要があるでしょう。

また、これまでの代表的な存在としては、2003年のNHKマイルCを制したウインクリューガーや、2003年の京都ハイジャンプなど、障害重賞で4勝を上げたウインマーベラスや、2004年の日経賞を制したウインジェネラーレや、2004年の京王杯スプリングCを制したウインラディウスや、今年の日経賞を制したウインバリアシオンなどが挙げられます。



そして、一昨年の同クラブは、「11勝・獲得賞金3億1756万円」という成績でしたが、昨年は、「32勝・獲得賞金5億6653万円」と、前年より勝利数を3倍近くまで伸ばし、獲得賞金を2億5千万円近く増やしておりましたので、この点については、クラブの関係者達が大いに満足していることでしょう。

ただ、これだけ成績が向上しているにも関わらず、出資者の増加に直結していない状況だと私は判断しております。

と言いますのも、「ウイン」は昨年、全部で36頭の「2013年度募集馬」(現2歳世代)のラインナップを発表し、その内、1次募集の25頭は6月24日(水)から、2次募集の11頭は10月1日(火)から出資を受け付けておりましたが、私が確認したところ、今年、1月31日(金)の終了日までに満口となっていたのは6頭のみで、8割近くの28頭(募集中止の2頭を除く)が、満口とならずに募集終了となっておりましたから。

そして同クラブは、恐らく今年も昨年と同様のスケジュールで、「現1歳世代の募集馬」に対する出資を受け付ける筈ですが、天皇賞・春をウインバリアシオンが勝てば、出資を検討している顧客層に対して、「ウインの募集馬はしっかりと稼がせてくれる」という印象を与えることができ、初期段階の出資者増加に繋がるのは間違いありません。

そのため、クラブの関係者が、この馬を預けている松永昌博先生に対して、「何としてでも勝たせて欲しい」といった、かなり勝負懸かった指示を出している可能性が高いと見るべきでしょう。

また、ウインバリアシオンは、2012年の宝塚記念の後に、右前脚の屈腱炎のため、1年5ヶ月も休養していましたが、復帰戦となった昨年の金鯱賞では3着、有馬記念では2着に入り、日経賞では1着と着実に結果を残しています。

ただ、GIとなる今回は、どの馬も全力で仕上げてくるのは確実と言え、当然、この馬もメイチに仕上げなければなりませんが、屈腱炎の再発を恐れて、十分な負荷を掛けられず、完璧に仕上げ切れない可能性も考えられます。

よって、厩舎がどのように仕上げてくるかについては、元調教師の方に念入りに確認していただく必要があると私は考えております。

・・・・・・・・・・

なお、既に何度もお伝えしている通り、私の頼もしい仲間の一人である、「元JRA調教師の山田要一」も、私と同じように、ブログで様々な情報を公開しておりますので、こまめに確認しておけば、間違いなく馬券の参考になる筈です。

そこで、「馬券で大きな利益を得たい」と考えている方には、毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきましょう。

【 元JRA調教師・山田要一のブログ 】

また今回は、私が所属している「ホースマンサミット」のサイトもご紹介しておきます。

【 ホースマンサミット・公式サイト 】

本日は以上です。

応援のクリックをよろしくお願い致します。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

小栗範恭でした。
スポンサーサイト

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR