年末年始だからこそ得られる情報とは・その3

こんにちは。
元JRA馬主の小栗範恭(のりやす)でございます。

banushi_shou_mini.jpg

何度かお伝えした通り、年明けまではいつも以上に多忙となることが確実ですから、もしかしたらブログの更新が滞ってしまうかもしれませんが、東西金杯などに関する情報は、このブログで書けない場合でも、下記ランキングのいずれかでご紹介するようにしますので、興味をお持ちの方には、こまめにご確認いただきたいと存じます。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

そして今回は、京都金杯に登録しているアスカトップレディについて、頼もしい仲間の一人である「元調教師のN先生」が報告してきた内容の一部をご紹介しておきましょう。

「25日(日)に坂路で時計を出していましたね。全体が62秒0、終いが14秒3という時計をお伝えすれば、完全に馬なりだったことが分かると思いますが、脚捌きがとても素軽く見えましたから、10月から使い詰めで、しかも18日(日)の愛知杯を走ったばかりでも、疲れが残っていることを心配する必要はなさそうです」

「それにしても、昨年から今年に掛けて、一気に成績を伸ばした須貝君の活躍振りには感心させられます。何しろ、一昨年の春に自分の厩舎を開業したばかりなのに、昨年は25勝を上げて、今年は29勝を上げましたからね」

「小栗さんもご存知の通り、彼のお父さんは、調教師としてヒカリデュールで有馬記念を勝つなどの実績を残した須貝彦三先生で、乗り役だった時の須貝君は、お父さんの仕事振りをずっと見ていた筈ですから、その時の経験が十分に活きているのでしょうし、今年の2月に引退したお父さんも、須貝君に対して【これなら安心して見ていられる】と思っているのでしょう」

「ただ、重賞レースに限って言えば、須貝君は全く満足できていない筈です。何しろ彼の厩舎は、今年、重賞レースに延べ15回も馬を出して、2着が4回あったものの、結局は一つも勝てず終いでしたからね。
多分、京都金杯に送り出すアスカトップレディに対しては、須貝君の【この馬で初めての重賞勝ちを飾るぞ】という思いが込められているのでしょうから、追い切りはもちろんのこと、カイバの内容や量、獣医さんのところに連れて行った時の様子など、細かいところまでじっくり見てみたいと思っています」

冒頭で書いた通り、現在はこれまでより更に多忙なため、今回は以上とさせていただきます。

2011年は本日で最後となりますが、皆様、どうぞ良いお年を。

また、このブログでは今後も、20年以上の馬主キャリアを有する私だからこそ得られる情報を、可能な限り詳しく公開してまいりますので、興味をお持ちの方には、こまめにご確認されることをお勧めしておきます。

小栗範恭でした。

スポンサーサイト

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR