小倉2歳Sなどの最新情報

こんにちは。
元JRA馬主の小栗範恭(のりやす)でございます。

umanushishou8minibokashi.jpg

仲間達から聞いた話によれば、柴田善臣騎手は、9月17日(土)のプランスドランシュ賞に出走を予定しているナカヤマナイトの調教に乗るため、本日はフランスに滞在しているそうです。

プランスドランシュ賞の結果によって、調教師の二ノ宮君は、凱旋門賞を使うかどうかを決めるのでしょうが、まずは目先のレースでいい結果を出して、堂々と凱旋門賞に臨んでもらいたいものです。

ところで、今回は初めに、小倉2歳Sの登録馬について、私の頼もしい仲間の一人である、「馬主のT君」が報告してきた内容の一部をご紹介しておきましょう。

「小倉2歳Sにシゲルスダチを出走させる森中蕃オーナーは、今年のブリーズアップセールで2457万円を投じて5頭を購入しているものの、セレクトセールとセレクションセールでは1頭も馬を購入していません。
ただ、森中オーナーは、来週の9月5日から始まる今年のサマーセールで馬を購入される可能性は高いと見ています」

「と言いますのも、森中オーナーは、去年のサマーセールで7497万円を投じて25頭の馬を購入されていますので。当然、サマーセールを目前に控える中で行われる今週のレースでは、持ち馬に賞金をなるべく多く稼がせて、購入資金を潤沢にしておきたいという思いを持っている筈で、このシゲルスダチでここを勝てば、3200万円の賞金が手に入る訳ですから、厩舎サイドに対して【目イチに仕上げてレースに出して欲しい】と依頼していても不思議ではないと見ています」

次は、「日曜日のあのレース」について、私の頼もしい仲間達から届いた報告の一部をご紹介しておきます。

まずは、「育成牧場中のG君」から届いた報告をご紹介しておきましょう。

「先週の土曜日、釣りに行った仲間から聞いた話によれば、今は静内沖でメバルの一種であるヤナギノマイやマダラなどが非常によく釣れているそうですね。静内沖でしたら近いので、朝の調教を若い者に任せて釣りに行き、午後から牧場の仕事をすることもできますので、【サマーセール】が終わった後にでも行ってみようと思っています」

「ところで、私は【FC2ブログランキング】が気になります。何故かと言えば、来週の「サマーセール」初日の9月5日(月)には、この馬の半弟にあたるスリリングディの2010(父ブラックタキシード)が上場されるからです」

「もし、【FC2ブログランキング】が札幌日経オープンを勝てば、セリの進行役が、【兄が昨日のオープンを勝ったように、今、とても勢いのある血統です】といったアナウンスをする筈で、そうなれば、スリリングディの2010の落札価格が一気に高まるのは間違いありません」

「よって、もし私がこの馬の生産者であれば、上場馬の落札価格を上げたいと考えて、厩舎サイドに勝負仕上げをお願いすると思いますし、実際、そういう動きがあったように感じますね。何しろ、28日(日)には、札幌競馬場のダートコースで丹内騎手が跨り、全体で72秒9、終いが12秒4という時計を馬なりで出していましたし、本日も、札幌競馬場のダートコースで強めに追われて、全体で69秒3という時計を出し、併せたエーシンジャイヴに食らいついていたそうですから。ほとんど人気を集めないと思いますが、買い目に入れることを検討しておいた方がいいと思います」

「私が確認したところ、畠山吉宏先生の厩舎には、今、40頭の管理馬がいますが、その中で一番多くの賞金を稼いでいるシンボリグランは、9歳という年齢による衰えもあるのか、今年は、5戦走って一度も馬券に絡むことができていない上、現在は放牧に出されています」

「更に、3番目に多くの賞金を稼いでいるディアアレトゥーサも、オープンから準オープンに降級してからの2戦は、7着と4着という今一つの結果に終わっています。そこで私は、畠山先生が、管理馬の中で2番目に多くの賞金を稼いでいる【人気ブログランキング】で、メイチ勝負を懸けてくる可能性が高いと考えていましたが、最終追い切りの内容を確認して、その見込み通りではないかと思いました」

「何しろ、札幌競馬場にいる仲間から届いた、本日の最終追い切りに関する報告は、【レースと同じ横山典弘騎手がダートコースに入れて長めに追い、全体で82秒2、終いが13秒1という時計を出していて、馬なりではあったものの、脚捌きの素軽さや馬体の張りなどから、状態の良さを強く感じられました】という内容でしたからね」

「これまで、札幌競馬場の芝コースでは、3回走って全て馬券に絡んでいるように、洋芝が合っているのも間違いないですから、人気以上の着順に食い込む可能性が十分にあると思います」

次は、これまた私の頼もしい仲間の一人である、「元JRA調教師のYさん」が報告してきた内容の一部をご紹介しておきます。

【競馬ブログランキング】を出走させる調教師の伊藤隆志君は、昨年のリーディングが27位、今年も、現時点で23位と、勝利数ではあまり目立たない存在ですが、昨年、この馬ですずらん賞を勝っていて、2006年にも、ベリーナイスナイスで500万下とすずらん賞を勝っているように、JRAのレースに管理馬を出してくる時には、注意しておくべき存在だと私は見ています」

「この馬は、さきほど書いたすずらん賞勝ちに加えて、共同通信杯でナカヤマナイトの5着だった実績もありますので、芝のレースに向いているのは間違いありません」

「その上、知り合いからの報告によれば、本日の最終追い切りでも、門別競馬場のダートコースで強めに追われ、全体で82秒8、終いが13秒0という時計を出していて、動きそのものも、状態の良さを十分に感じさせるものだったそうですから、馬券に絡んでくる可能性が十分にあると思います」

他にも、色々と書きたいことはございますが、相変わらず何かと多忙なため、今回は以上とさせていただきます。

しかし、このブログでは今後も、20年以上の馬主キャリアを有する私だからこそ得られる情報を、可能な限り詳しく公開してまいりますので、興味をお持ちの方には、こまめにご確認されることをお勧めしておきます。

小栗範恭でした。
スポンサーサイト

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR