FC2ブログ

モバイル業界の注目人物が、北九州記念を勝ちたい理由とは

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

毎週に渡り好結果を残している「パーフェクトホースマンズ」の実力を、
「完全無料」で体験する絶好のチャンス!

「LINE@の友だち追加」を済ませれば、
「超高額の払戻金が見込める、関係者のガチンコ買い目」
を完全無料で取得できます!

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

おはようございます。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

ogurindaikankuchitori1mini.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twitterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twitter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

さて、話は変わりますが、高田秀信オーナーの所有馬ブルミラコロ(牡6歳・大久保龍志厩舎)は、次走の予定が、9月24日(月)に浦和競馬場で行われる交流重賞・オーバルスプリント(ダート1400m)となりました。

同馬は、今週の火曜日、8月14日の交流重賞・サマーチャンピオンで、好スタートから先頭に立ち、ゴール寸前まで粘ったものの、兵庫所属のエイシンバランサーに差され、2着に敗れております。

ブルミラコロを所有している高田秀信オーナーの本業は、「大阪市営地下鉄四つ橋線・花園駅」(大阪市西成区)から徒歩で2分ほどの場所にある、「高田歯科医院」の院長です。

高田オーナーは、1982年に松本歯科大学を卒業した後、大阪の梅田にある「医療法人・社団皓歯会」(大阪市北区)に勤務し、1985年には兵庫医科大学で歯科口腔外科の研修を受け、1986年から「朝隈歯科医院」(大阪府泉大津市)で経験を積んで、1988年に「高田歯科医院」を開院しました。

同医院は、一般的な診療に加えて、インプラントなどの高度な医療も行っており、中でも、「レイニングデンチャー」と呼ばれる「金属のない部分入れ歯」は、患者から「口元を気にしなくてもいい」と好評を博しているそうです。

更に同医院は、訪問歯科にも力を入れており、要介護の高齢者や体が不自由で通院が困難な患者にも、万全の体制で治療にあたっていることから、その院長を務めている高田オーナーは、地域の方から非常に厚い信頼を寄せられているのでしょう。

馬主としての高田オーナーは、2015年からJRAで馬を走らせ始め、現在は3頭を所有しております。

オーナーは、馬主としてのキャリアが浅く、所有頭数が少ないこともあり、まだ重賞を勝てていない上、先ほど記したように、ブルミラコロがサマーチャンピオンで2着に敗れ、初の重賞勝ちを逃しておりますので、現在は、「今度こそ重賞を勝ちたい」と考えている筈です。

したがって、オーバルスプリントに向けて、ブルミラコロを預けている大久保先生に対してどのような指示が出ているのか、注目したいと考えております。

そしてここからは、猪熊広次オーナーが北九州記念に出走させるアレスバローズについて、私の頼もしい仲間の一人である「馬主秘書のIさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、猪熊オーナーの本業は、JR山手線「五反田駅」(東京都品川区)のすぐ近くに本社を構え、モバイル機器の販売や、モバイルコンテンツの配信などを手掛けている、「株式会社バローズ」の代表取締役です。

1994年に設立された同社は、まず「モバイル機器事業」を、
1998年10月→株式会社ディーディーアイ(現KDDI株式会社)と「携帯電話販売一次代理店契約」を締結
1999年3月→小田急線「向ヶ丘遊園駅」から徒歩3分の場所に「auショップ・向ヶ丘遊園」をオープン
2000年7月→株式会社ツーカーセルラー東京と「携帯電話販売一次代理店契約」を締結
2001年4月→JR線「川崎駅」から徒歩2分の場所に「auショップ・川崎西口駅前」(現在のauショップ・ラゾーナ川崎)をオープン
2003年7月→現在の場所に本社を移転

といった形で順調に発展させております。

また、「モバイルコンテンツ事業」に於いても、

2013年→家族単位での収支管理ができる「節約家計簿」
2014年→数値を組み合わせ、より大きな数を作り出し、所定の数字を目指す頭脳パズルゲームの「2048」
2015年→心理対戦型の「人狼ゲーム」
2016年→女性向けの「イケメン★恋愛乙女ゲーム集」
2017年→近未来学園を描いたアドベンチャーゲームの「AQUA」
2018年→ロールプレイングゲームの「お嬢様はご機嫌ナナメ」

など、毎年のように新サービスを提供しており、どのコンテンツも人気を博しているようですから、多くの方が、猪熊オーナーのことを、「業界内の注目人物」と考えている筈です。

また、同社は、一昨年から、「一般財団法人ホースコミュニティ」が運営する「サンクス・ホース・プロジェクト」(馬事文化の普及を目指す活動)のサポートを開始するなど、社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。

馬主としての猪熊オーナーは、確か2003年頃からJRAで馬を走らせ、これまでに150頭以上を所有しており、その中の代表的な存在としては、2009年のシンザン記念を制し、同年のダービーで3着だったアントニオバローズや、2015年のファンタジーSを制したキャンディバローズなどが挙げられるでしょう。

昨年までの3年間、猪熊オーナーは、

2015年→19勝・獲得賞金2億8469万円
2016年→20勝・獲得賞金3億0522万円
2017年→30勝・獲得賞金4億7836万円

という右肩上がりの成績を残しており、特に昨年は、勝利数と獲得賞金のどちらも過去最高の数字でした。

ただ、今年に入ってから先週までの成績は、「11勝・獲得賞金2億1667万円」と、獲得賞金が昨年の5割ほどに留まっておりますので、現在のオーナーは、「賞金の高いレースを勝って一気に稼ぎたい」と考えている筈です。

また、猪熊オーナーは、「競走馬セール」に参加する機会が多く、昨年は、「セレクトセール」や「HBAセレクションセール」や「HBAサマーセール」など、計5セールで9頭を総額2億4765万円で落札していた上、今年も、

■7月9日(月)~10日(火)の「セレクトセール」→計2頭を1億3716万円で落札
■7月17日(火)の「HBAセレクションセール」→1頭を1350万円で落札

と、計3頭を総額1億5066万円で落札しております。
(落札金額は全て税込表記)

昨年までの状況を踏まえると、来週に行われる「HBAサマープレミアムセール」や「HBAサマーセール」など、今後の競走馬セールに参加する可能性が高く、現在は、「セールで投じた資金を早急に回収したい」、「セール資金を潤沢にしておきたい」とも考えているのでしょう。

そういった中、本日は、1着賞金3900万円(馬主の取り分は8割の3120万円)の北九州記念にアレスバローズを出走させますので、私が猪熊オーナーであれば、この馬を預けている角田先生に対して、メイチの勝負仕上げを依頼する筈です。

実際、元調教師の方から届いている最終追い切りについての報告が、

「15日(水)、坂路に入れられて、4Fが55秒7、終いの1Fが12秒0っちゅう時計を出しとりました。終い重点の調教やったんで、全体の時計は掛かってしもうたけど、動きは力強いもんやったし、追い切った後の気合い乗りも抜群やったから、前走のCBC賞を勝った時と同じような走りが期待できそうやな」

というものでしたから、好レースが期待できると私は見ております。

・・・・・・・・・・

「馬主秘書のIさん」から届いた、猪熊広次オーナーが北九州記念に出走させるアレスバローズに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。
スポンサーサイト

札幌日刊スポーツ杯に漂う、北海道の厚別市からの勝負気配

「お盆休みにお金を使い過ぎた…」
そんな方に特大朗報!

元JRA馬主の私が本気で勝負する、
「札幌記念」と「北九州記念」などの
「激アツ買い目」を「完全無料」で公開します!

大儲けのチャンスを絶対にお見逃しなく!

詳細はこちら。
↓↓↓↓↓
★ ここをクリック ★

・・・・・・・・・・

おはようございます。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

oguri-kane-terebi-syukushou.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twitterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twitter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

さて、話は変わりますが、現地時間の本日から21日(火)にかけて、「アルカナ・イヤリングセール」(フランス・ドーヴィル)が行われます。

「フランス最大の1歳馬市場」として有名な同セールは、昨年、

上場頭数:435頭
落札頭数:343頭
売却総額:4271万2000ユーロ(当時のレートで約55億5256万円)

という結果でした。

また、「アルカナ・イヤリングセール」には、毎年、日本からも多くの関係者が参加しており、昨年は、

■国本哲秀オーナー
2頭を70万ユーロ(約9100万円)で落札

■前田幸治オーナー
1頭を65万ユーロ(約8450万円)で落札

■社台ファーム
2頭を51万ユーロ(約6630万円)で落札

■片山晃オーナー
2頭を50万ユーロ(約6500万円)で落札

■山口功一郎オーナー
1頭を40万ユーロ(約5200万円)で落札

■了徳寺健二オーナー
2頭を26万ユーロ(約3380万円)で落札

といった「日本人による落札」がありました。

当然、今年の同セールに於いても、日本人馬主による落札がある可能性が高く、そうなれば、その後のレースに、「セールで使った資金を回収するため、可能な限り多くの賞金を稼ぎたい」という思惑が発生する筈ですから、私は、これらの全貌を掌握し、馬券に反映させるため、今後、その動向を入念に確認したいと私は考えております。

そしてここからは、「合同会社小林英一ホールディングス」が札幌日刊スポーツ杯に出走させるゴールドフラッグについて、私の頼もしい仲間の一人である「馬主のSさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、「合同会社小林英一ホールディングス」の代表を務めているのは、2014年まで個人名義で所有馬を走らせていた小林英一氏ですから、ここでは、「合同会社小林英一ホールディングス」のことを「小林オーナー」と表記致します。

こちらも小栗さんはよくご存知のことでしょうが、小林オーナーの本業は、北海道の芦別市に本社を構えている、「北日本精機株式会社」の代表取締役会長であり、起業する前の小林オーナーは、ベアリング専門商社の「城北ベアリング商会」に勤め、同社の札幌出張所の所長となったことで北海道に生活拠点を移し、1960年頃に自分の会社を道内に興したそうです。

その後、「北日本精機株式会社」は、国内で順調に業績を伸ばし、輸出競争力を高めるため、1993年に、上海に現地法人の「上海精密軸承有限公司」を、1996年に、ソウルに現地法人の「韓国EZO株式会社」を、2003年には、フロリダに現地法人の「SPB-USA,LLC.」をそれぞれ設立するなど、順調に事業拠点を拡張しております。

そして、現在の「北日本精機株式会社」は、5000種類以上の小型ベアリングを取り扱っており、世界シェアが7割に及んでいる上、500名以上の従業員を雇用し、国内外に7つの関連会社を有しておりますので、代表取締役会長として事業を取り仕切っている小林オーナーは、「誰もが認める優秀な経営者」と言える筈です。

なお、馬主としての小林オーナーは、1990年頃からJRAで馬を走らせているベテランで、これまでに60頭以上を所有しており、代表的な存在としては、2012年の有馬記念や2015年の天皇賞・春など、GIを6勝したゴールドシップが真っ先に挙げられるでしょう。

同馬の活躍により、2012年の小林オーナーは、「7勝・獲得賞金6億2851万円」という過去最高の成績を残しておりましたが、その後は、

2013年→5勝・獲得賞金2億9693万円
2014年→4勝・獲得賞金3億0567万円
2015年→3勝・獲得賞金2億5801万円
2016年→2勝・獲得賞金4751万円
2017年→4勝・獲得賞金6151万円

という、2012年を大きく下回る成績に終わっており、特に過去2年は、誰が見ても物足りない状況でした。

このように数字が低迷している大きな要因の一つは、やはり、ゴールドシップが2015年の有馬記念を最後に引退したことでしょう。

したがって、今年の小林オーナーは、「必ず巻き返したい」、「ゴールドシップに代わる活躍馬が出てきて欲しい」と願っている筈ですが、実際は、先週までの成績が、「3勝・獲得賞金5132万円」に留まっておりますので、現在は、危機感を強く抱いている筈です。

そういった中、本日は、1着賞金1500万円(馬主の取り分は8割の1200万円)の札幌日刊スポーツ杯にゴールドフラッグを出走させますので、私が小林オーナーであれば、「ここを勝って一気に稼ぎたい」と考え、同馬を預けている須貝先生に対して、メイチの勝負仕上げを指示するでしょう。

実際、函館にいる元調教師の方から届いている最終追い切りについての報告が、

「15日(水)、ウッドで一杯に追われて、4Fが55秒4、終いの1Fが12秒7っちゅう時計を出しとりました。コンマ2秒前にいたパスティス(3歳未勝利)を追い掛けて、ジワジワ差を詰めると、最後はコンマ1秒先着しとりましたわ。力強いフットワークで走れとったし、追い切った後も元気一杯やったんで、須貝君の狙い通りに仕上がっとるんやろう」

というものでしたから、好レースが期待できると私は考えております。

・・・・・・・・・・

「馬主のSさん」から届いた、「合同会社小林英一ホールディングス」が札幌日刊スポーツ杯に出走させるゴールドフラッグに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。

京都大学の医学部OBが、北九州記念で勝負を…

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

毎週に渡り好結果を残している「パーフェクトホースマンズ」の実力を、
「完全無料」で体験する絶好のチャンス!

「LINE@の友だち追加」を済ませれば、
「超高額の払戻金が見込める、関係者のガチンコ買い目」
を完全無料で取得できます!

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

こんにちは。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

mroguri.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twitterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twitter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

さて、話は変わりますが、星野壽市(じゅいち)オーナーの所有馬ヤングマンパワー(牡6歳・手塚貴久厩舎)は、次走の予定が、9月9日(日)の京成杯AHとなりました。

同馬は、先週の関屋記念で、直線で先頭に並び掛ける見せ場十分の内容であったものの、4ヶ月振りのレースだったこともあり、ゴール前で失速し、勝ったプリモシーンからコンマ4秒差の4着に敗れております。

ヤングマンパワーを所有している星野オーナーの本業は、群馬県高崎市に本社を構え、「鉄スクラップの加工処理」や「住宅基礎鉄筋ユニット」の製造を行なっている「三栄商事株式会社」の代表取締役社長です。

同社は現在、「本社工場」に加えて、そのすぐ近くに「倉賀野工場」を、群馬県佐波郡に「玉村工場」を、高崎市高関町に「高関工場」を有し、100名以上の従業員を雇用しているのですから、その代表を務めている星野オーナーは、「非常に優秀な経営者」と言えるでしょう。

また、「三栄商事株式会社」は、毎年、12月に行われる「榛名湖イルミネーションフェスタ」(観覧者数・約13万人)など、群馬県内のイベントに協賛を続けておりますので、星野オーナーのことは、多くの方が「尊敬すべき地元の名士」と考えている筈です。

馬主としての星野オーナーは、確か1998年からJRAで馬を走らせ始めて、これまでに50頭以上を所有しており、その中の代表的な存在としては、2013年の桜花賞を制したアユサンや、2015年のアーリントンCや一昨年の関屋記念と富士Sを制しているヤングマンパワーが挙げられるでしょう。

オーナーは、「セレクトセール」に参加する機会が多く、7月9日(月)~10日(火)に行われた今年の同セールでは、「フェアリーダンスの2017」(父エイシンフラッシュ)を5832万円(税込)で落札しておりますので、現在は、「セール資金の回収ペースを早めたい」と考えている筈です。

したがって、1着賞金3900万円(馬主の取り分は8割の3120万円)の京成杯AHに向けて、ヤングマンパワーを預けている手塚先生に対し、どのような指示が出ているのかをしっかり見極め、馬券に活かしたいと私は考えております。

そしてここからは、山上和良オーナーが北九州記念に出走させるセカンドテーブルについて、私の頼もしい仲間の一人である「馬主のAさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよう知っとるやろうけど、山上和良オーナーの本業は、三重県の名張市にある「やまがみ眼科」の院長ですな。

1994年に京都大学の医学部を卒業してから、「京都大学附属病院」、「市立宇和島病院」、「彦根市立病院」とかで経験を積んだ山上オーナーは、1999年の10月に「やまがみ眼科」を開院しとります。

同院では、日帰りで行っとる「白内障」の手術が好評な上、名張市内だけやなく、同市の南側にある曽爾(そに)村や御杖(みつえ)村とか、病院から30キロ近く離れた場所に住んどる患者さんを、無料で自宅まで送迎するサービスを行っとるそうですわ。

それに、山上オーナーは、「医療法人グリーンスウォード」の理事長もやっとって、同団体は、名張市内に、「やまがみ眼科」をはじめ、「かも内科消化器科クリニック」、「みらいのこどもクリニック」、「ちひろ内科クリニック」、「ますだ呼吸器科クリニック」の5ケ所、滋賀県大津市に「レイクこどもクリニック」、滋賀県野洲市に「たけだ眼科」、甲賀市に「皮ふ科クリニックみなくち」と「みなくち内科・消化器内科」、京都府八幡市に「あだち眼科」と、計10ケ所の診療所を管理しとるんやから、山上オーナーは、この医療法人の理事長として、地域の方から厚い信頼を寄せられとるんやろ。

2000年に地方競馬(笠松)の馬主資格を取って、2003年頃からJRAで馬を走らせとる山上オーナーが、馬主になったきっかけは、ワシが聞いた話によると、「地方競馬の馬主になりませんか」と呼び掛けとった生産牧場のホームページを見て、その牧場に連絡をしてみたことと、当時、フジテレビ系列で放送されとった「やまとなでしこ」っちゅうドラマを見て、「馬主になれば女性にもてる」と思ったことなんですわ。

そんで山上オーナーは、今までに200頭近くを所有しとって、2010年には、過去最高の「10勝・獲得賞金1億5759万円」っちゅう成績を残しとったし、2014年には、セカンドテーブルを出走させた京王杯2歳Sで、初めての重賞勝ちを飾っとったな。

けど、それからは一度も2010年の数字を超えとらんのや。

しかも、今年は先週までに3つしか勝てとらんし、2010年の4割ほどの「6461万円」しか稼げとらんのですわ。

それに、山上オーナーは、「競走馬セール」に参加する機会が多くて、去年は、

■5月23日(火)の「HBAトレーニングセール」→1頭を324万円で落札
■8月21日(月)~25日(金)の「HBAサマーセール」→5頭を1966万円で落札
■10月2日(月)~4日(水)の「HBAオータムセール」→1頭を108万円で落札

と、計7頭を総額2398万円で落札しとりました。
(金額は全て税込表記)

もちろん今年も、これから行われる「競走馬セール」に参加する可能性が高いんで、今は、「落札資金をガッチリ稼いでおきたい」と考えとるんでしょうな。

そんな中、今週は、1着賞金3900万円(馬主の取り分は8割の3120万円)の北九州記念にセカンドテーブルを使うんで、ワシが山上オーナーやったら、この馬を預けとる崎山先生に対して、メイチの勝負仕上げを指示するやろうし、実際、元調教師の方から届いとる最終追い切りの報告が、ワシの見込み通りのもんやったんで、ええレースが期待できるやろう。

・・・・・・・・・・

「馬主のAさん」から届いた、山上和良オーナーが北九州記念に出走させるセカンドテーブルに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。

引っ越し業界の女傑が、札幌記念で勝利を追求する理由とは

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

毎週に渡り好結果を残している「パーフェクトホースマンズ」の実力を、
「完全無料」で体験する絶好のチャンス!

「LINE@の友だち追加」を済ませれば、
「超高額の払戻金が見込める、関係者のガチンコ買い目」
を完全無料で取得できます!

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

こんにちは。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

kaihoushi5mini.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twitterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twitter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

さて、話は変わりますが、「ドクター・コパ」こと小林祥晃(さちあき)オーナーの所有馬ラブミーファイン(牡2歳・田所秀孝厩舎)は、次走の予定が、9月1日(土)の札幌2歳Sとなりました。

同馬は、前走の函館2歳Sで2着に入った後、「小国スティーブル」(北海道日高郡新ひだか町静内)で放牧されておりましたが、8月11日(土)、函館競馬場に入っております。

小林オーナーの本業は、東京都世田谷区に本社を構え、「風水」などに基づいた設計を行っている、「祥(しょう)設計株式会社」の代表です。

東京都出身で、日本大学の理工学部建築学科を卒業している小林オーナーは、「風水ブーム」の火付け役として有名で、毎年、「ドクター・コパの風水手帳」(廣済堂)を発行するなど、数多くの書籍を発行している上、現在は、「週刊女性」(主婦と生活社)で連載を持っており、「サンケイスポーツ」でも、毎週土曜日に「Dr.コパのやさしい競馬開運学」というコーナーを連載しております。

更には、この他にも、愛知工業大学の客員教授を務め、携帯電話用のアプリ・「開運姓名判断」の監修なども手掛けている上、「KBCラジオ・九州朝日放送」で、「Dr.コパの黄金の扉リターンズ」という冠番組を持っており、「ニッポン放送」で毎週日曜日に放送されている「土田晃之・日曜のへそ」という番組内では、「Dr.コパの風水の知恵・かしまSHOW」というコーナーを担当しておりますので、小林オーナーのことは、このブログを読んでいる方であればよくご存知でしょう。

なお、小林オーナーは、銀座と博多に、開運グッズや家具などの販売を行う「コパショップ」を展開しており、「JR新橋駅」から歩いて3~4分の場所にある「コパショップ銀座本店」は、オーナーの自社ビルですから、超一等地に自社ビルを所有している小林オーナーは、「誰もが羨む成功者」と言える筈です。

2001年頃からJRAで所有馬を走らせている小林オーナーは、これまでに200頭以上を所有しており、過去の代表的な存在としては、2010年の目黒記念を制したコパノジングーや、2014年の高松宮記念を制したコパノリチャードや、フェブラリーSの連覇(2014年と2015年)や、昨年のかしわ記念や東京大賞典など、JRAと地方交流でG1を11勝したコパノリッキーが挙げられます。

小林オーナーは、競走馬セールに参加する機会が非常に多く、昨年は、

■5月23日(火)の「HBAトレーニングセール」→2頭を計2344万円で落札
■7月18日(火)の「HBAセレクションセール」→1頭を1674万円で落札
■8月21日(月)~25日(金)の「HBAサマーセール」→4頭を計6048万円で落札
■10月2日(月)~4日(水)「HBAオータムセール」→1頭を248万円で落札

と、計8頭を総額1億0314万円で落札していた上、今年は、7月18日(火)に行われた「HBAセレクションセール」に於いて、2頭を計5724万円で落札しております(落札金額は全て税込)。

もちろん、昨年までの経緯を踏まえれば、8月20日(月)に行われる「HBAサマープレミアムセール」や、8月21日(火)~24日(金)に行われる「HBAサマーセール」に於いても、何頭かを落札する筈であり、両セールの翌週に行われる、1着賞金3100万円(馬主の取り分は8割の2480万円)の札幌2歳Sでは、落札資金の回収を狙ってくるのでしょう。

したがって、レースに向けて、ラブミーファインを預けている田所秀孝先生に対し、どのような指示が出ているのかをしっかり見極め、馬券に活かしたいと思っております。

そしてここからは、寺田千代乃オーナーが札幌記念に登録しているマイスタイルについて、私の頼もしい仲間の一人である「馬主のHさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、寺田オーナーの本業は、大阪府の大東市に本社を構えている、「アートコーポレーション株式会社」の代表取締役社長ですわね。

1968年、「寺田運輸」として創業された同社は、1976年、社内に「アート引越センター事業部」を設置して、翌年、その事業部を「アート引越センター株式会社」として独立させていましたわ。

それ以降は、「あなたの町の0123」という覚えやすいメロディが流れるテレビやラジオのCMや、イメージキャラクターに「ドラえもん」を起用するなどの広告戦略で、子供からお年寄りまで幅広い層に認知されるようになり、1990年には、事業の多角化に伴って、現在の「アートコーポレーション株式会社」に名称を変更していますわね。

更に同社は、引っ越し関連の事業に加えて、輸入車の販売やメンテナンス関連の事業を展開している上、

■商業輸送を手掛けている「アートバンライン株式会社」(大阪府茨木市)
■マンションや戸建ての分譲を手掛けている「アートプランニング株式会社」(大阪府大阪市)
■家電製品の販売などを手掛けている「アートプラス株式会社」(大阪府大阪市)
■病院内の保育施設運営を手掛けている「アートチャイルドケア株式会社」(大阪府大東市)

といった系列企業を有していて、現在は、グループ全体で3000名近くの従業員を雇用していますし、2017年9月期の決算は、「連結売上高991億1500万円」、「連結経常利益79億8500万円」という素晴らしい数字となっていましたわ。

ですから、同社を創業から一代で大きく成長させた寺田オーナーのことは、多くの方が、「尊敬すべき優秀な経営者」と認めているのでしょうね。

そして馬主としての寺田オーナーは、確か1997年からJRAで馬を走らせていて、過去の代表的な存在としては、2007年のマーメイドSを制したディアチャンスや、2011年の中山大障害で2着となったディアマジェスティなどが挙げられますわ。

去年の寺田オーナーは、ターコイズSを勝ったミスパンテールや、ダービーで4着に入ったマイスタイルの活躍などで、「11勝・獲得賞金2億5682万円」という過去最高の成績を残していましたの。

それに、今年に入ってからも勢いは続いていて、ミスパンテールで京都牝馬Sと阪神牝馬Sを勝つなど、先週までに「8勝・獲得賞金2億3257万円」という成績を残して、昨年のペースを大きく上回っていますけど、寺田オーナーは、この成績に満足しないで、これからも貪欲に勝利を追求してくると私は見ていますわ。

と言うのも、寺田オーナーは、毎年のように「セレクトセール」で高額馬を落札していて、今年は、7月9日(月)~10日(火)に行われた同セールで、計7頭を総額2億0196万円(税込)で落札していますので。

こういった中で、今週は、1着賞金7000万円(馬主の取り分は8割の5600万円)の札幌記念にマイスタイルを登録していますので、私が寺田オーナーであれば、「落札資金の回収ペースを早めたい」と考えて、この馬を預けている昆先生に、メイチの勝負仕上げをお願いしますわ。

実際、元調教師の方から届いている最終追い切りについての報告が、私の見込み通りの内容でしたから、好レースが期待できると見ていますの。

・・・・・・・・・・

「馬主のHさん」から届いた寺田千代乃オーナーが札幌記念に登録しているマイスタイルに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。

札幌記念を勝って、上位との差を詰めたいのでしょう

先週、「関屋記念」の3連複5450円を4点で仕留めた
「元JRA馬主」の私が断言します!

今週の「札幌記念」と「北九州記念」も、
伏兵馬が激走して波乱決着に…

この全貌は、私が真剣に勝負する
「激アツ買い目」で確認できます!

詳細はこちら(完全無料)
↓↓↓↓↓
★ ここをクリック ★

・・・・・・・・・・

こんにちは。
元JRA馬主で、現在は「パーフェクトホースマンズ」の「馬主情報部」に所属している、小栗範恭(のりやす)でございます。

kaihoushi7-mini.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

ご存知の方も多いのでしょうが、私は、twitterでも様々な情報を発信しており、このブログでは書けない「機密情報」を、twitter上で公開することもございます。

したがって、まだフォロワーになっていない方には、「早めのフォロー」をお勧めしておきましょう。

■ フォローはこちらから ■

さて、話は変わりますが、一口馬主クラブ・「東京ホースレーシング」の所有馬レッドサクヤ(牝3歳・藤原英昭厩舎)は、次走の予定が、9月16日(日)のローズSとなりました。

同馬は、2008年のヴィクトリアマイルを制したエイジアンウインズが半姉に、2013年のオークスで2着に入ったエバーブロッサムが全姉にいる血統です。

レッドサクヤは、オークスで4着に入った後、「社台ファーム」(北海道千歳市)で放牧されておりましたが、8月1日(水)、栗東トレセンに帰厩しました。

「東京ホースレーシング」は、パチンコ機器販売大手「フィールズ株式会社」の代表取締役会長であり、JRA馬主としては、スピルバーグでお馴染みの山本英俊オーナーが、2006年に前身の「ユーワホースクラブ」からクラブの権利を取得しており、以後は、山本オーナーの奥様である山本洋子さんが代表を務め、「レッド」の冠名で所属馬を走らせております。

また、愛馬会法人・「東京サラブレッドクラブ」の代表は、中山馬主協会の会長である西川賢オーナーの異母弟であり、プロゴルファーでもある西川哲氏が務めていることは、このブログを熱心に読んでいる方であれば、ご存知のことでしょう。

「東京ホースレーシング」に於ける過去の代表的な存在としては、2009年の秋華賞を制したレッドディザイアや、2013年の阪神ジュベナイルFなどを制したレッドリヴェールや、2014年の中山大障害を制したレッドキングダムといった名前が挙げられ、現役の代表的な存在としては、一昨年と昨年のスプリンターズSを連覇するなど、重賞を4勝しているレッドファルクスの名前が挙げられます。

同クラブは、「2018年度募集馬」(現1歳世代)について、6月15日(金)に、クラレントやリディルやレッドアリオンの半弟にあたる「エリモピクシーの2017」(父ディープインパクト)や、ショウナンマイティやゴーフォザサミットの半妹にあたる「ラグジャリーの2017」(父オルフェーヴル)など、計32頭のラインナップを発表しており、7月2日(月)から「先行募集」を、7月23日(月)から「通常募集」を行っておりますが、私が確認したところ、これらの内、満口となっているのは16頭で、「募集中止」となった1頭を除いた残りの15頭は、まだ出資を受け付けている状況です。

そのため、現在はクラブの関係者達が、「クラブの知名度を高めて、今後の出資者増加に繋げられるよう、過去の募集馬を活躍させたい」と考えている筈であり、一般的な注目度の高い重賞を勝てば、その効果が大きいのは間違いありません。

したがって、レッドサクヤを預けている藤原英昭先生に対し、クラブの関係者達がどういった指示を出しているのかをしっかり見極め、馬券に活かしたいと私は考えております。

そしてここからは、一口馬主クラブの「キャロットファーム」が札幌記念に登録しているネオリアリズムについて、私の頼もしい仲間の一人である「馬主のNさん」が連絡してきた内容をご紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

小栗さんもよくご存知の通り、「キャロットファーム」の愛馬会法人・「キャロットクラブ」の代表を、2008年から務めている手嶋龍一氏は、かつてNHKに所属しており、1997年からはそのワシントン支局長を務め、2001年にアメリカで起きた「9・11同時多発テロ事件」の際には、11日間に渡って「24時間中継」を担当しておりました。

そして、2005年にNHKを退局した後は、外交ジャーナリストとして活動しており、2006年に出版した「ウルトラ・ダラー」(新潮社)が33万部のベストセラーになるなど、作家としても高い評価を受けております。

ちなみに、一般的にはあまり知られておりませんが、手嶋氏の執筆場所は、同氏が、「永遠の親友」と語る吉田勝己オーナーが代表を務めている「ノーザンファーム」の中にあり、「千歳空港から僅か15分ほど」という立地や、牧場の景色を見てリフレッシュできる環境を、手嶋氏はとても気に入っているそうで、素晴らしい執筆場所を用意してくれた勝己オーナーに、いつも感謝しているそうです。

また手嶋氏は、静岡芸術文化大学の参与を務め、更には、「静岡新聞」と「北國新聞」にコラムを掲載している上、「シューイチ」、「情報ライブ・ミヤネ屋」、「スッキリ!!」といったテレビ番組にコメンテーターとして出演するなど、メディアの世界でも活躍しており、活躍したと言えば、一昨年の「キャロットファーム」にも当てはまります。

何故なら、一昨年の「キャロットファーム」は、シンハライトでオークスを、マリアライトで宝塚記念を制するなど、重賞14勝を含め、過去最高となる「127勝・獲得賞金31億8985万円」という成績を残し、「馬主リーディング1位」に輝いたのですから。

しかし、昨年の「馬主リーディング」は、

1位:「サンデーレーシング」→133勝・獲得賞金29億7266万円
2位:「キャロットファーム」→106勝・獲得賞金26億2116万円
3位:「社台レースホース」→102勝・獲得賞金18億8314万円

と、1位の「サンデーレーシング」に「3億5150万円」の差を付けられ2位に終わっておりますので、今年は、「キャロットファーム」の関係者全員が、「必ずリーディング1位を奪還したい」という思いを抱いているのでしょう。

ただ、今年に入ってから先週までの「馬主リーディング」は、

1位:「サンデーレーシング」→90勝・獲得賞金20億0664万円
2位:「シルクレーシング」→72勝・獲得賞金16億2230万円
3位:「キャロットファーム」→58勝・獲得賞金12億3171万円

という形で、1位の「サンデーレーシング」に「7億7493万円」という大差を付けられた3位に留まっておりますので、私が「キャロットファーム」の関係者であれば、「賞金の高いレースを勝って、少しでも上との差を詰めたい」と考えます。

また、同クラブは、「2018年度募集馬」(現1歳世代)について、7月13日(金)に、計86頭のラインナップを発表しており、8月下旬にパンフレットを発送し、9月1日(土)から出資を受け付ける予定です。

そのため、今はクラブの関係者全員が、「過去の募集馬を活躍させて、出資を検討している顧客層に好印象を与えたい」と強く願っている筈であり、一般的な注目度の高い特別レースを勝てば、その効果が大きいのは言うまでもありません。

そのような中、「キャロットファーム」は、今週、1着賞金7000万円(馬主の取り分は8割の5600万円)の札幌記念にネオリアリズムを登録しておりますので、クラブの関係者がこの馬を預けている堀先生に対して、迷わずメイチの勝負仕上げを指示するでしょう。

・・・・・・・・・・

「馬主のNさん」から届いた、「キャロットファーム」が札幌記念に登録しているネオリアリズムに関する報告は以上です。

なお、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページ、及びいくつかのブログに於いて、「非常に有益な情報」を包み隠さず公開しております。

そこで、「馬券で儲けたい」と真剣に考えている方には、「パーフェクトホースマンズ」のホームページはもちろんのこと、私のブログや、他のブログを毎日欠かさずご覧になることを推奨しておきます。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教師・山田要一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA騎手・鎌田光也のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

元JRA調教助手・小西聖一のブログ
↓↓↓↓↓
《 ここをクリック 》

本日は以上です。

小栗範恭でした。
プロフィール

noriyasuoguri

Author:noriyasuoguri
20年以上、JRA馬主を続けた経験を生かして得られる情報を、可能な限り多く紹介してまいります。

応援のクリックをお待ちしております。



人気ブログランキングへ

競馬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR